Wellness

秋‌の‌夜‌長‌に‌まっ‌た‌り‌観‌た‌い‌台‌湾‌発‌LGBTQ‌+‌系‌映‌画‌ 3選‌

image3.jpg

2021.12.05

民主主義や人権問題に対する民衆の関心が大きく、伝統的な家族のカタチが根強く残っているアジア地域において初の同性婚合法化を成功させた台湾。このことを象徴するかのように台湾各地でLGBTイベントが開催されています。とくに台北で開催される「台湾プライドパレード(台湾同志遊行)」はアジア最大規模を誇り、コロナ禍以前は日本からも多くの人が参加していました。

そんな台湾の先進的なLGBTQ+事情を支えているであろうエンターテインメント分野に着目し、本記事では台湾発LGBTQ+映画をご紹介いたします!

台湾発LGBTQ+系映画3選

  近年話題になった台湾発のLGBTQ+系映画作品をご紹介。台湾らしいノスタルジックでゆったりとした空気を纏った作品をチョイスしました。  

『君の心に刻んだ名前(刻在你心底的名字)』

  1987年、戒厳令が解除されて間もない台湾が舞台。現在よりもずっと同性愛への差別や偏見が強かった時代に、宗教や家族の問題などさまざまな困難に直面しながら愛を紡いでいく勇敢な2人の高校生の姿を描いています。  

  大ヒットを記録した主題歌『刻在我心底的名字(クラウド・ルー)』が映画の雰囲気をさらに盛り立てており、切なさや悲しさが入り混じった心に深く刻まれる作品に仕上がっています。  

  2020年/台湾/114分出演者:エドワード・チェン、ツェン・ジンホア、レオン・ダイ  

『先に愛した人(誰先愛上他的)』

  ガンで亡くなった夫の保険金受取人が息子から夫の恋人(男性)に変えられていることに激怒した妻が、息子を連れて夫の恋人のところへ向かい保険金を奪い返そうとするシーンから物語がスタート。前半では思春期の息子によるドライな語り口が混沌としたストーリーを先導します。  

  同性カップルのみならず、その家族として生きる人々に立ちはだかる複雑な状況や世間の目、シングルマザーの金銭的な苦労など、現代社会に蔓延る問題を多様な切り口から描いた作品です。  

  2018年/台湾/99分出演者:ロイ・チウ、シェ・インシュエン、ジョセフ・ホアン  

『バオバオ フツウの家族(親愛的卵男日記 BAO BAO)』

  ジョアンとシンディのレズビアンカップル、チャールズとティムのゲイカップルの4人が協力し赤ちゃんを授かるために奮闘する物語。妊娠・出産における男女の身体のつくりの差異を乗り越えて愛する人との間に子どもを授かりたいという望みを繊細に表現しています。  

  中華圏の文化において伝統的な家族は重視されており、親が子に対して結婚や出産を期待しがちなのがリアルなところ。このような『フツウの家族』の形が根強く存在することは、特に同性カップルにとって避けることの難しい問題として立ちはばかります。  

  2019年/台湾/97分出演者:エミー・レイズ、クー・ファンルー、蔭山征彥・ツァイ・リーユン、ヤン・ズーイ  

映画を通して広がる世界

  ここで紹介した映画は同性愛カップルにスポットをあてた作品ですが、同性カップルだからといって特別な枠に当てはめる必要はなく、愛する人に寄り添いたいという気持ちが性別関係なく存在し得ることが映画を通して伝わることを願っています。  

  当事者の気持ちを完全に理解することは難しくても、映画を通して目にした光景・芽生えた感情があなたの価値観を広げることに繋がるのではないでしょうか。  

■Writer's Profile

竹田 歩未 Takeda Ayumi

  関西在住の大学生。「わたしの性は、じぶんゴト。」というテーマでフェムテックグッズを紹介するフェムテクラブ(Instagram @femteclub)を運営。大学ではジェンダーについて学ぶ傍ら、台湾好きが高じて中国語学習に奮闘中。  

Instagram:@ayumin_tkd
Instagram:@femteclub

    Ayumi Takeda さんの新着記事はこちら      

「NYでハサミを持つと言うこと」アメリカ・NY在住 穂高律子さん/美容師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第二回目は、NYで美容師として活躍する穂高律子さん。

2024.05.22

Interview

Career

【ラウラミーカ】/本質的な悦びをや癒しを感じる、「養生」としての肌着を

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも、正解かもしれません。 しかしその奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.05.22

Wellness

「自分を愛して、自分で生きる。それが私の奏でたい調和」シンガー・MOEKAさん

#グッドバイブスウーマン Vol.3。今回ご登場いただくのは、“魂の歌声をもつ”と表されるシンガー、MOEKAさんです。彼女が光で満たしたい世界のために奏でる「愛と調和」とは。

2024.05.22

Interview

Career

「自ら縛りつけていた、“理想の母親像”」HASUNA代表・白木夏子さん

結婚や出産、そして仕事。女性はライフステージによって変容せざるをえない。でも、何かを諦めたり、我慢するのはいかがなものだろう。正解などはない。そんなことをテーマに、子育てしながらビジネスの最前線にいる女性たちを取材する「♯Can woman have it all?〜女性たちはすべてを手に入れられる?〜」。

2024.05.22

Interview

Career

「どんな“道”も一日にして成らず。日本の美を極めていきたい」 アメリカ・ロサンゼルス在住 財満直子・華道家/生け花講師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第一回目は、アメリカ・ロサンゼルス在住の華道家・生け花講師である財満直子さん。

2024.05.21

Interview

Career