コロナ禍のいま楽しみたい、贅沢気分を味わえる都内のステイケーション。東京都内での、『特別なステイケーション』あなたならどのホテルを選びますか?コロナ禍のいま楽しみたいのは、感染症対策が徹底された、施設内でなにもかも完結出来るきラグジュアリーホテル。今回注目したのは、ただのラグジュアリーホテルではありません。『昭和の竜宮城』と言われた、まるごと美術館な極上のホテル『ホテル 目黒雅叙園 東京』で、特別なひと時を味わってみてはいかが?

近場で贅沢気分が味わえ、静かに楽しめるホテルで過ごすステイケーション。お気に入りのラグジュアリーホテルでのステイケーションの過ごし方と魅力を、前編・後編に分けてご紹介します!

ホテル 目黒雅叙園 東京

おこもりステイなら断然おすすめなのが、昭和初期から続く、老舗『ホテル 目黒雅叙園 東京』がおすすめ!目黒駅からたった徒歩約5分の好立地。昭和の竜宮城と言われた、非日常をあじわえる豪華絢爛な和洋折衷な雰囲気で、遠方の温泉地にでも来たようです。

目黒雅叙園の庭園

ココがすごい!おすすめポイント

①全室 80㎡〜のスイート仕様、ジェットバス&スチームサウナ付きお風呂 

②昭和初期から続く、まるで竜宮城?まるごと美術館ホテル 

③宿泊者限定アクティビティ満載

目黒雅叙園玄関口〜チェックインまで

大きな玄関ホールには、季節の花のアート作品が、お出迎え。伺った時は、希望のあかりをテーマにした装飾があちらこちらに。

目黒雅叙園 東京の玄関ホール

一枚板で作られた、鮮やかな彩色木彫板が広い廊下に続きます。天井には扇に美人画が描かれています。宴会場までお客様が退屈しないようにと、飾られた美術品の数々。創業者から受け継いだ、おもてなし精神が廊下ひとつをとってもひしひしと伝わってきます。

目黒雅叙園の廊下の様子

まるで屋根ごとお辞儀したような丸みを帯びた『招きの大門』を抜けると、美食エリアに。

目黒雅叙園の廊下の様子

広々したレッドカーペットを進むと、右手に『カナデ テラス』と『PATISSERIE 栞杏1928』、左手に『カフェラウンジ パンドラ』。

レッドカーペットの様子

奥には茅葺き屋根(ガラスファイバーで作られた)に見立てた、日本家屋の『渡風亭』。

日本家屋の『渡風亭』

おすすめの中華料理『旬遊紀』(後編でもご紹介します)、全カウンター席の『ステーキハウス ハマ』があります。

中華料理『旬遊紀』

さぁ、いよいよ孔雀模様の螺鈿細工で出来た、日本一豪華なエレベーターに乗ってチェックインです。

孔雀模様の螺鈿細工

全室 80㎡〜のスイート仕様、ジェットバス&スチームサウナ付きお風呂

チェックインが済んだら、お部屋へGO!6階のエレベーター前の踊り場には市川團十郎さんの歌舞伎絵と季節のお花がお出迎え。今回私は選んだのはジャパニーズタイプ。雅叙園を訪れる際は殆どジャパニーズタイプを好んで選んでいます。

市川團十郎さんの歌舞伎絵と季節のお花

部屋は、昔活躍していた戦艦の名前が付けられているそうで、『常陸』や『若狭』などが付けられています。今まで地名かな?となんとなく思っていたナゾが解けました。

部屋の外観

お部屋はこんな感じ。2019年7月に和室がリニューアルしてからより過ごしやすくなりました。

ベッドルームの様子

ピンと張ったシーツが気持ち良い、ゆとりの広々ベッド。事前にそばがら枕も追加希望しておきました。リニューアル前はベッドではなく、お布団を敷きにきてくれるシステムでした。

机の様子

寝室横の四畳半にお茶セット。襖を開けるとそこがクローゼットになっています。リニューアル前は四畳半に鏡台があったのですが、今は無くなってしまってちょっと残念。

気になるビューバスですが、目黒川を見下ろす側と、プライベート空間な中庭を眺める側があり、桜の季節なら目黒側、それ以外なら窓を空けて過ごせる中庭側がおすすめ!障子風窓が和の雰囲気。

ビューバス

そして、こちらがお目当てのスチームサウナ。美容にも健康にも良いスチームサウナが部屋についてるのは本当嬉しい!頭からつま先まで、全身ディープクレンジング&ノドのケアにも◎1日に何度でも気兼ねなく入れます♪

スチームサウナ

女子が気になるドライヤーやコテなどはこんな感じ。コテは事前に伝えておくと、お部屋に用意しておいてくれます。コテは荷物になるので、貸し出しはありがたいですね。

ドライヤーとコテ

大きな鏡に洗面台が2個なので、朝晩あちゃこちゃしなくて済みます。ココ地味に大事です。

洗面台の様子

お手洗い場は独立したつくり。広々空間で、室内洗面台完備。トイレットペーパーまで上質。

手洗い場の様子

前編はここまで!後編では、『昭和初期から続く、まるで竜宮城?まるごと美術館ホテル』&『宿泊者限定アクティビティ満載』について詳しくレポートします。後編をお楽しみに♪

■Writer's Profile

Romi

美しいモノに目がない元ジュエラーの美容ライター。集英社マキア公式ブロガーとしての活動をはじめ、化粧品メーカーのアンバサダー多数兼任中。趣味はホテル巡りとアフタヌーンティー。

Instagram:@hrm.lvc
Romi Beauty Diary
MAQUIA公式ブログ

「NYでハサミを持つと言うこと」アメリカ・NY在住 穂高律子さん/美容師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第二回目は、NYで美容師として活躍する穂高律子さん。

2024.05.22

Interview

Career

【ラウラミーカ】/本質的な悦びをや癒しを感じる、「養生」としての肌着を

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも、正解かもしれません。 しかしその奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.05.22

Wellness

「自分を愛して、自分で生きる。それが私の奏でたい調和」シンガー・MOEKAさん

#グッドバイブスウーマン Vol.3。今回ご登場いただくのは、“魂の歌声をもつ”と表されるシンガー、MOEKAさんです。彼女が光で満たしたい世界のために奏でる「愛と調和」とは。

2024.05.22

Interview

Career

「自ら縛りつけていた、“理想の母親像”」HASUNA代表・白木夏子さん

結婚や出産、そして仕事。女性はライフステージによって変容せざるをえない。でも、何かを諦めたり、我慢するのはいかがなものだろう。正解などはない。そんなことをテーマに、子育てしながらビジネスの最前線にいる女性たちを取材する「♯Can woman have it all?〜女性たちはすべてを手に入れられる?〜」。

2024.05.22

Interview

Career

「どんな“道”も一日にして成らず。日本の美を極めていきたい」 アメリカ・ロサンゼルス在住 財満直子・華道家/生け花講師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第一回目は、アメリカ・ロサンゼルス在住の華道家・生け花講師である財満直子さん。

2024.05.21

Interview

Career