今回は、my muse初のインタビュー企画をお送りします。お話を伺ったのは、全身脱毛サロンKIREIMO(キレイモ)を運営する、株式会社ヴィエリスCEOの佐伯真唯子(さえき まゆこ)さん。「キレイなお肌になって自信を持ってほしい。より素敵な笑顔になってほしい」というコンセプトの元、KIREIMOの立ち上げから携わり、多くの女性の美に関わってきました。  

今回は、佐伯さんから近年の脱毛の傾向や、KIREIMOに通う皆さんのデリケートゾーンに関するお悩み、佐伯さんおすすめのセルフケアアイテムなどについて伺いました。

コンプレックス解消の脱毛から、身だしなみの脱毛へ

KIREIMOに通われるお客様はどんなきっかけでいらっしゃいますか?

以前は、コンプレックス解消で来店される方が多かったのですが、今は身だしなみというか、脱毛が日常に馴染んで当たり前になってきているニーズを感じています。一度ワキだけやっていて、全身やっておけばよかった、と再度来ていただく方も沢山いらっしゃいます。

お客様の層もどんどん若年化していて、小学生や中学生の方もいらっしゃいます。親御さんが、幼い頃自分が毛深かったことがコンプレックスで、子供にはそういう思いをさせたくないと、お子さんを連れてきてくださることもあります。脱毛をスタートする目安ですが、初潮前に脱毛を始めても、ホルモンバランスの関係で、初潮後にまた生えてくることも。ですので生理が始まってから通っていただくようお願いしています。

脱毛効果の促進にもつながる、デリケートゾーンケア

近年習慣化されつつあるデリケートゾーンケア。VIO脱毛とのシナジーは?

すごくあると思います。デリケートゾーンのお手入れについて、気にしている女性は多いと思います。でも、どのようにケアしたらいいのか分からない。脱毛中の適切なケアの仕方ってお客様もあまり理解されていないんです。

サロンではVIO 施術もあるので、ニオイや黒ずみをとても気にされて、「どうしたらいいですか?」とエステティシャンに相談するお客様も多いです。

アイム ラフロリア

そういう時に、お取り扱いさせていただいているアイム ラフロリアの商品をおすすめさせていただいています。私も使っているのですが、すごく好きです!夫も愛用していて、男性女性関係なく使えるのもいいなぁと思います。スタッフにも大反響です。

ニオイが気になる方は、ついゴシゴシ洗ってしまうと思うんですよね。ボディーソープで洗ってしまうと、肌も乾燥して、さらに毛が抜けなくなってしまうので、デリケートゾーンと同じ弱酸性のph値で作られた専用の優しいボディウォッシュがおすすめです。洗い上がりも、しっとりするので、脱毛にも効果的なんです。

あと、実は脱毛において保湿はとても大切。しっかり保湿されている肌でないと、光を当てられない場合もあるんです。そうなると効果が出るまで時間がかかってしまうことも。まず「デリケートゾーンを保湿する」っていう知識がない方が多いので、専用のアイテムでの保湿をおすすめしています。

施術後にプロフェッショナルからおすすめしてもらえると購入しやすいですね

安心感はすごくあると思います。何人もの肌を見てきているし、皆さん脱毛の効果に期待してきてくださっているので、どう毛を減らせるか+日頃の悩みも改善できるので、おすすめしやすいと思います。

セクシャルウェルネスについて話しづらい。そんな環境を変えていきたい

佐伯様インタビュー風景

佐伯さんが効果を実感された、おすすめセルフケアアイテムを教えてください

デリケートでいうと、オイル。ちょっと抵抗があったのですが、意外とサラッとしていて使いやすいです。全身に使えるのも嬉しい。そこだけピンポイントで使い分けるというのがなかなか難しくて、バーっと一気に塗ることができるところが好きですね。

他国と比較しても、日本人女性はセクシャルウェルネスについて、話しづらい雰囲気がありますよね。セクシャルな部分にすごく積極的な人みたいにと思われるんじゃないかと不安になったり、言いたくても言えなかったり、聞きたくても聞けなかったり。多分皆さん困ってることも多いのではと思うので、そういうところを変えていきたいです。

外面が変わると、自然に内面も変わっていく

佐伯様インタビュー

佐伯さんが゙考える「美」とは?

自律している方は美しいなと思います。自分の足で立っている方は、すごく美しい。KIREIMOのイメージキャラクターの渡辺直美さんもそうです。自律していらっしゃるし、自分自身の個性を大事にされているところも美しいなと思いますね。

佐伯さんは、実際に脱毛を始めてから変わったことはありますか?

外面が変わることで、内面も変わったことがプラスでした。外面のコンプレックスがあることでどんどん卑屈になったり、下向きになったりするけれど、それがなくなることによって自分の自信に繋がっていくと思うんです。

KIREIMOに通われた方から、自信が持てた!というお声もありますか?

ありますよ!脱毛に通っていただっている期間にどんどん自信を持たれて、見た目がどんどん変わっていく。次は、「ちょっとお腹の脂肪を落とすためにトレーニングしたいな」とか、違う「美」に対して、興味をどんどん持っていかれて、磨かれていく方が多いです。まさに美の連鎖。皆さんとても素敵だなと思います。

編集後記

佐伯様インタビュー風景

多くの女性が、自分の個性を大切にしながら美しくなっていく。そのきっかけ作りに貢献されているKIREIMO。佐伯さんのように、素敵な笑顔で包み込んでくれるエステティシャンの皆さんがいらっしゃるからこそ、お客様も普段は話しづらいお悩みを相談しやすい環境が作られているのだと感じました。ポジティブで活き活きとお話される佐伯さんの姿に、私も多くのパワーをいただきました。素敵なお話をありがとうございました!

第二弾では、佐伯様のSDGsへの取り組みについて伺っています。ぜひご覧ください。

佐伯 真唯子 Mayuko Saeki

株式会社ヴィエリス 代表取締役 兼 CEO

FOUNウィメンズダイヤモンドコミッティチーフコーディネーター

世界連邦青年会議 事務次長

女性向け全身脱毛サロン「キレイモ」を全国に約60店舗展開する株式会社ヴィエリスの代表取締役。メンズ脱毛や痩身エステ、プライベートトレーニングジムなど新規事業も積極的に展開している。98%が女性である1300人の従業員を率いながら、女性が前向きに活躍できる社会の実現のための活動を行っている。

「NYでハサミを持つと言うこと」アメリカ・NY在住 穂高律子さん/美容師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第二回目は、NYで美容師として活躍する穂高律子さん。

2024.05.22

Interview

Career

【ラウラミーカ】/本質的な悦びをや癒しを感じる、「養生」としての肌着を

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも、正解かもしれません。 しかしその奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.05.22

Wellness

「自分を愛して、自分で生きる。それが私の奏でたい調和」シンガー・MOEKAさん

#グッドバイブスウーマン Vol.3。今回ご登場いただくのは、“魂の歌声をもつ”と表されるシンガー、MOEKAさんです。彼女が光で満たしたい世界のために奏でる「愛と調和」とは。

2024.05.22

Interview

Career

「自ら縛りつけていた、“理想の母親像”」HASUNA代表・白木夏子さん

結婚や出産、そして仕事。女性はライフステージによって変容せざるをえない。でも、何かを諦めたり、我慢するのはいかがなものだろう。正解などはない。そんなことをテーマに、子育てしながらビジネスの最前線にいる女性たちを取材する「♯Can woman have it all?〜女性たちはすべてを手に入れられる?〜」。

2024.05.22

Interview

Career

「どんな“道”も一日にして成らず。日本の美を極めていきたい」 アメリカ・ロサンゼルス在住 財満直子・華道家/生け花講師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第一回目は、アメリカ・ロサンゼルス在住の華道家・生け花講師である財満直子さん。

2024.05.21

Interview

Career