Wellness

自分らしさに誇りを持って。「レインボープライド」が目指す社会づくり

image2.jpg

2021.04.22

近年、LGBTをはじめとするセクシャル・マイノリティーの人たちに関する、ポジティブな動きが動きが徐々に広まりつつります。その流れを助長する団体の一つが「レインボープライド」。

”性”にかかわらず、みんなが自分らしく前向きに過ごせる社会を作るために、今回は「東京レインボープライド」がしていることをご紹介します。

女性二人組

「LGBT」とは、Lesbian(レズビアン・女性同性愛者)、Gay(ゲイ・男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル・両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー・性別越境者)の頭文字からなる単語のことをいいます。

性は、単に男性/女性だけ区切られるのではなく、もっとさまざまなあり方があります。それを前向きに受け止め&理解し、社会をよりよくしていこうと活動しているのが、「東京レインボープライド」です。

LGBTの権利を訴える目的で始まったパレードが、日本にも広がった

プライドパレード

今やLGBTのシンボルとしても知られている「虹」を名前に掲げる当団体。発足以来さまざまな活動を続けていますが、一番の力を入れているのは「プライドパレード」といっても過言ではないでしょう。

セクシャル・マイノリティーやその共感者が列をなし街中を歩くプライドパレードが初めて起こったのは、50年ほど前のアメリカだと言われています。ゲイが集まるバーに、警察が押し入った事件に対して、抗議とゲイの権利を訴えるために行われたとされています。

日本で初めて行われたのは、そこからもう少し経った、1994年。以降何度か名前を変え、現在の「東京レインボープライド」になったのは、2007年のことでした。パレードは勢い止まらずそれからも年々規模を拡大。2019年には20万人以上もの人が行進したそう。

今年はオンラインで。みんなもLGBTとその問題について考えよう

オンライン会議の様子

同様、コロナの影響もありオンライン開催となる本年。プログラム期間の4月24日〜5月5日のうち、オンラインパレードは24〜25日に開催。著名人のトークが生配信されるほか、指定のハッシュタグを使い、SNSから一般の皆さんも参加できるイベントも。他にもさまざまなイベントを予定しているようなので、気になる方は特設サイトをチェックしてみてくださいね。

#おうちでプライド2021

一人の理解が、社会を変えることもある

いかがでしたか? マイノリティーな立場にある人が前向きに過ごすためには、マイノリティーでない人の理解も必要です。無理に理解する必要はありません、ただまずは知ること、そういう事実があることに目を向けるその行動が、社会を少しずつ変えていうのではないかと、筆者は思います。

参考資料

ゴールデンウィークのイベントとして開催されるレインボープライドの歴史やイベントをおさらい
これまでの東京レインボープライド

Writer's Profile

MAHARU

雑誌編集者・フリーライター。女性ファッション誌読者モデル。30代に入り、色んな意味で人生の岐路に立っています。働き方や美容をメインに発信していきます!

Instagram:@mahal_mahar

MAHARUさんの新着記事はこちら

「NYでハサミを持つと言うこと」アメリカ・NY在住 穂高律子さん/美容師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第二回目は、NYで美容師として活躍する穂高律子さん。

2024.05.22

Interview

Career

【ラウラミーカ】/本質的な悦びをや癒しを感じる、「養生」としての肌着を

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも、正解かもしれません。 しかしその奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.05.22

Wellness

「自分を愛して、自分で生きる。それが私の奏でたい調和」シンガー・MOEKAさん

#グッドバイブスウーマン Vol.3。今回ご登場いただくのは、“魂の歌声をもつ”と表されるシンガー、MOEKAさんです。彼女が光で満たしたい世界のために奏でる「愛と調和」とは。

2024.05.22

Interview

Career

「自ら縛りつけていた、“理想の母親像”」HASUNA代表・白木夏子さん

結婚や出産、そして仕事。女性はライフステージによって変容せざるをえない。でも、何かを諦めたり、我慢するのはいかがなものだろう。正解などはない。そんなことをテーマに、子育てしながらビジネスの最前線にいる女性たちを取材する「♯Can woman have it all?〜女性たちはすべてを手に入れられる?〜」。

2024.05.22

Interview

Career

「どんな“道”も一日にして成らず。日本の美を極めていきたい」 アメリカ・ロサンゼルス在住 財満直子・華道家/生け花講師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第一回目は、アメリカ・ロサンゼルス在住の華道家・生け花講師である財満直子さん。

2024.05.21

Interview

Career