Wellness

初心者でも安心!家庭菜園で自家製ハーブティーやデトックスウォーターに挑戦

写真_ガーデニング.jpg

2021.07.27

今年は残念ながら、新型コロナウィルスの影響で続々と楽しいイベントが中止になっていますが、リモートワークの普及によって、おうち時間を見直す良い機会ではないでしょうか?
そこで初心者でも今日から簡単に始められる家庭菜園をご紹介します。気温の変化や寒さに強い種類の野菜苗を選んで、楽しく育てましょう。

おうち時間でハマる人続出!家庭菜園の4つの魅力

1.ベランダで始められる

ガーデニング

家庭菜園は英語でキッチンガーデン、フランス語でポタジェ。菜園というと、農家さんのように広い畑を所有して耕すイメージがありますが、実は立派な畑や機材が無くても、プランターさえあれば自宅の庭やベランダ、空き地で十分にガーデニングが楽しめます。

毎日のお手入れやメンテナンスが大変かと思いきや、日光の条件さえ注意すれば、野菜はどんな環境でも育ってくれます。

2. 安心安全な無農薬野菜が食べられる

ピザ

いつでも採れたて摘みたての野菜が食べられます。特にハーブは、手間がかからず農薬不使用で育つものが多く、初心者でも簡単に育てることができるとして注目されています。食用・飲用・薬用・美容・園芸・装飾など、生活のさまざまな場面で幅広く活用されています。リラックス効果、抗菌、発汗、抗酸化作用、虫除けなど、ハーブによって体に有効な成分が異なるのも特徴。料理の幅も広がります。

3. 自給自足生活で食費を節約できる

いちご

野菜や果物は日常不可欠、ほぼ毎日食卓に登場するものだから、自給自足できたらどんなに良いか!スーパーや八百屋で買う野菜は気候やシーズンによって価格も変動しますが、自宅で野菜を収穫できればそもそも他所で買う必要はなく、好きなタイミングで食べられます。食費をセーブでき、家計を助ける趣味の一つです。

4. 育てることの楽しさ、成長を観察する喜びを味わえる

ハーブ苗

種を蒔いて、芽が出て、背丈が伸びて、実がなって…我が子の成長を見守るような気持ちで、大切に育てながら毎日の変化を楽しむことができます。食育としてもおすすめで、観察日記をつけてみると一層愛着が湧きます。

家庭菜園おすすめオンラインショップ

さらにワンランク上の家庭菜園を楽しむために、数あるオンラインショップの中からオススメをご紹介します。

・ハーブ苗のポタジェガーデン「5種ハーブ栽培キット」

ハーブ5種

ハーブは種から蒔くと目が出るまで時間がかかってしまうので、苗で始めるのがおすすめ。タイム、セージ、ミント、バジル、ローズマリーなど種類豊富で、季節に応じて厳選されたハーブ5種がランダムに届きます。ハーブには一年草や多年草、コンパニオンプランツの家庭菜園キットとして、野菜と一緒に育てることで野菜をおいしく育てる品種もあります。届いたその日からすぐ簡単に栽培が始められるのでビギナーの方にもピッタリです。

商品ページ

・SEISHIN「育てるスープ」

ネギパクチー

ペーパーバッグで育てる、斬新な栽培キット。栽培に必要な培養土、種、不織布がひとまとめになっているので、ギフトとしても最適。発芽から収穫までの過程を楽しむことができます。パクチー、ミニキャロット、青ネギ、ホウレンソウ・ミニトマトの5種類から選べます。料理にちょこっと使える具菜として、窓辺やキッチンで小さな野菜を育てておくと便利です。

商品ページ

・SEISHIN「ハートトマト」

ハートトマト

ぷっくりしたかわいらしいハート型の実をつける、ハートブレイカーというミニトマトの品種です。実の大きさは直径約2~3cm。半分に割るとよりハート型がわかります。

収穫したトマトをベースに料理するのも楽しみのひとつ。アレンジの効いたかわいくお洒落なお料理に変身します。

商品ページ

・SEISHIN「えだまめ栽培セット」

ミニトマト苺枝豆

夏の暑い日に大人の楽しみと言えば、「ビールにエダマメ!」何だか思わず笑顔になってしまう栽培セットです。ビールが注がれたグラスのようなポットで、手軽に楽しく、エダマメ作りに挑戦しましょう。

商品ページ

フレッシュハーブで作る自家製ハーブティー&デトックスウォーター

初夏はハーブが主役の季節。海外での人気から火が付いたデトックスウォーターは、ハーブやフルーツに含まれる栄養成分が水に溶け出すと考えられており、ヘルシーなドリンクとして注目を集めています。摘みたてのフレッシュハーブをふんだんに使ったレシピをご紹介します。

・ハーブティー

ハーブティー

①手のひらで一掴みほどの摘みたてのフレッシュハーブを洗っておく。

②ガラスのティーポットに入れ、沸騰したお湯を注ぐ。

③3-5分ほど蒸らすだけで出来上がり。カップにハーブを飾ると見た目にも可愛い。

・デトックス(フレーバー)ウォーター

デトックスウォーター

①お好きなフルーツや野菜、フレッシュハーブをしっかり洗い、一口大にカット。

②材料をピッチャーに入れてミネラルウォーターを注ぐだけ。

③冷蔵庫に入れて数時間放置。(保存期間は24時間が目安。)

④お好みでスパイスを加えても◎

ハーブ類

ハーブをメインに作ればカロリーカットできてヘルシーに!ライム、オレンジ、ラズベリーなど、柑橘系フルーツを加えれば見た目にも美しく、甘さをプラスすることができます。

大地の恵みを受けたフレッシュハーブの香りは心とカラダを健やかにしてくれます。毎朝のルーティンに取り入れるのはもちろん、ホームパーティーやBBQなどのシーンに彩りを添えてくれるはず。自分で育てたハーブなら、愛着も美味しさもひとしお。ぜひ家庭菜園を始めて、おうち時間を豊かにしてみては?

■Writer's Profile

渡辺由布子 Yuko Watanabe

17歳から読者モデルとして「Vivi」「JJ」「non-no」など多数女性誌に出演。MBSラジオパーソナリティとして出演。大学卒業後、化粧品会社勤務を経て、フリーランスに転身し、ヨガインストラクターを務める傍ら、トラベルライターとして世界中を飛び回る。過去渡航した国は40カ国以上。特にタイに精通し、渡航回数は20回以上。ハワイ留学経験有り。現在は拠点をロサンゼルスに移し、東京と行き来してデュアルライフを送る。

Life is a journey
instagram
Twitter

渡辺 由布子さんの最新記事はこちら

「NYでハサミを持つと言うこと」アメリカ・NY在住 穂高律子さん/美容師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第二回目は、NYで美容師として活躍する穂高律子さん。

2024.05.22

Interview

Career

【ラウラミーカ】/本質的な悦びをや癒しを感じる、「養生」としての肌着を

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも、正解かもしれません。 しかしその奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.05.22

Wellness

「自分を愛して、自分で生きる。それが私の奏でたい調和」シンガー・MOEKAさん

#グッドバイブスウーマン Vol.3。今回ご登場いただくのは、“魂の歌声をもつ”と表されるシンガー、MOEKAさんです。彼女が光で満たしたい世界のために奏でる「愛と調和」とは。

2024.05.22

Interview

Career

「自ら縛りつけていた、“理想の母親像”」HASUNA代表・白木夏子さん

結婚や出産、そして仕事。女性はライフステージによって変容せざるをえない。でも、何かを諦めたり、我慢するのはいかがなものだろう。正解などはない。そんなことをテーマに、子育てしながらビジネスの最前線にいる女性たちを取材する「♯Can woman have it all?〜女性たちはすべてを手に入れられる?〜」。

2024.05.22

Interview

Career

「どんな“道”も一日にして成らず。日本の美を極めていきたい」 アメリカ・ロサンゼルス在住 財満直子・華道家/生け花講師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第一回目は、アメリカ・ロサンゼルス在住の華道家・生け花講師である財満直子さん。

2024.05.21

Interview

Career