ハーブティーを日常的に飲んでいる方はどれくらいいるでしょうか?日本ではそこまで馴染みのない“ハーブ”。天然のものだから、女性ホルモンや体調に効果なんてあるのだろうか?そんな風に考える人も少なくないかもしれません。

実は、侮れないハーブティーの効果。筆者はコーヒーからハーブティーに切り替えたことで、嬉しい効果が見られました。この記事では、ハーブティーの魅力、そしておすすめのハーブティーを紹介していきたいと思います。

ハーブティーを飲むことで、女性ホルモンにいい影響を与える?

ハーブティー

女性ホルモンの乱れによって起こる不調とは?

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという二つの波があることはご存知かもしれません。ここではホルモンバランスの仕組みについては割愛しますが、この波の変動により、様々な不調が生じると言われています。

PMSや肌荒れ、更年期障害、不妊、生理不順や生理痛、自律神経失調症など、多かれ少なかれ何かしらの不調を感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

ハーブティーが女性ホルモンに与える4つの効果

ではそんな女性特有の体の不調に対して、ハーブティーはどんないい効果を与えてくれるのでしょうか?例えばこんな効果があると言われています。

⑴女性ホルモンの分泌調整

⑵エストロゲンに似た作用

⑶血液循環を良くし、体を温める効果

⑷子宮の働きを活性化

女性ホルモンに効果的なハーブ

ハーブ

ハーブといっても、かなりの種類があります。それぞれに効果が異なります。ではどんなハーブが女性ホルモンのバランスを整えてくれるのでしょうか?

⑴チェストツリー

⑵アンゼリカ

⑶ラズベリーリーフ

⑷ローズ

⑸カモミール

⑹ホップ

⑺セントジョーンズワート

⑻西洋ニンジンボク

⑼レッドクローバー

⑽レディースマントル など

おすすめのハーブティーのご紹介

日頃から様々なハーブティーを飲んでいる筆者の、女性ホルモンのバランスに嬉しい効果が期待できる一押しのハーブティーをご紹介します。

《マリエン・ドイツハーブ マリエン ウーマンブレンド》

とても可愛らしいパッケージで、飲む前から癒されるマリエンのハーブティー。いざパッケージを開けてみると、美しいハーブの花がそのまま入ったティーバッグが。そしてお湯を注ぐとほのかに甘く優し香りが漂います。

一番最初に口に含んだ瞬間は、「なんて味わい深いハーブティーなんだ!」と感動したのを覚えています。すっきりとした味わいで、だけどハーブの恵が1杯に凝縮されているような、唯一無二のハーブティーだなと感じました。チェストツリー、アンゼリカ、レディースマントルなど、女性のリズムを整えるハーブがブレンドされています。

飲んでいると体の芯からポカポカしてきて、自律神経を整えてくれます。筆者はこちらを飲み始めてから、生理前のPMSなどの悩みがびっくりするほど改善しました。(※個人の感想です)

ハーブティーのいいところはノンカフェインなので、就寝前にも飲めるところ。眠りにつく前に飲むと安眠できるようになった気もしています。

お腹に手を置く様子

ハーブティーは私たち女性の体や生活に寄り添い、力強い味方であり、選択肢。とても手軽に日常に取り入れることもできるので、「女性ホルモンのバランスがおかしいな・・・」と感じた時にぜひ頼りにしてみてはいかがでしょうか。

■Writer's Profile

Ayu

「美しくなることは、自分を好きになること」をモットーに、スキンケア・メイク・美マインドなど、美容全般に関する情報をSNS等で発信。

Instagram:@ayu_27s
ameblo

Ayuさんの新着記事はこちら

「NYでハサミを持つと言うこと」アメリカ・NY在住 穂高律子さん/美容師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第二回目は、NYで美容師として活躍する穂高律子さん。

2024.05.22

Interview

Career

【ラウラミーカ】/本質的な悦びをや癒しを感じる、「養生」としての肌着を

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも、正解かもしれません。 しかしその奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.05.22

Wellness

「自分を愛して、自分で生きる。それが私の奏でたい調和」シンガー・MOEKAさん

#グッドバイブスウーマン Vol.3。今回ご登場いただくのは、“魂の歌声をもつ”と表されるシンガー、MOEKAさんです。彼女が光で満たしたい世界のために奏でる「愛と調和」とは。

2024.05.22

Interview

Career

「自ら縛りつけていた、“理想の母親像”」HASUNA代表・白木夏子さん

結婚や出産、そして仕事。女性はライフステージによって変容せざるをえない。でも、何かを諦めたり、我慢するのはいかがなものだろう。正解などはない。そんなことをテーマに、子育てしながらビジネスの最前線にいる女性たちを取材する「♯Can woman have it all?〜女性たちはすべてを手に入れられる?〜」。

2024.05.22

Interview

Career

「どんな“道”も一日にして成らず。日本の美を極めていきたい」 アメリカ・ロサンゼルス在住 財満直子・華道家/生け花講師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第一回目は、アメリカ・ロサンゼルス在住の華道家・生け花講師である財満直子さん。

2024.05.21

Interview

Career