日本でもデリケートゾーンのケアの大切さや重要性、専用の商品の誕生など、今もっとも注目されていると言っても過言ではないデリケートゾーンケア商品の数々。

デリケートゾーンケア商品の市場は今後、ますます拡大していくとされています。

気になってる今こそ、デリケートゾーンケアを始めてみませんか?

そもそもデリケートゾーンケアって?

そもそもデリケートゾーンケアって何なのか?必要なのか?

そもそもデリケートゾーンケアって何なのか?必要なのか?

今までノータッチできたのに今更何をすればいいのか疑問に思う方もいっらしゃるかもしれません。

デリケートゾーンケアを特別なものと決めつけるのではなく、毎日洗顔するように、毎日化粧水でお肌のお手入れをするのと同じように考えてみてはどうでしょうか?

実はデリケートゾーンケアはそれほどにまで身近で簡単なものだったりするのです。デリケートゾーンケアの基本は洗う、保湿、これだけです。

膣には自浄作用があるので中までしっかり洗うのはNGですが、まったく手付かずなのも考えものです。清潔にデリケートゾーンを保たないことは、デリケートゾーンのトラブルに直結してしまいます。デリケートゾーンのトラブルが悪化してからでは、婦人科へ駆け込み…なんて事態にもなりかねないものです。

女性には排卵期があり、その前後でも体調の変化が起こるもの。いわば、デリケートゾーンは、あなたの体のバロメータでもあるのです。

生理前にはおりものが増える、生理周期は痒みを伴う、日頃から黒ずみやにおいが気になる…そんな経験をしたことはありませんか?

どれも女性の体に起こる自然現象ではありますが、どう改善していいか分からない、デリケートな部分だから仕方ない、などと言って片付けてしまう方も少なからずいるのではないでしょうか?しかし、しっかりとデリケートゾーンをケアすることによって、気になる症状を緩和することに繋がります。

主なデリケートゾーンケア商品

1.洗う

アイムラフロリア デリケートボディウォッシュ

アイムラフロリア デリケートボディウォッシュ

デリケートゾーンのphバランスを整え、常在菌のバランスを弱酸性に保つことで、自浄作用を助け、整えてくれるアイムラフロリアのウォッシュ。デリケートゾーンのみならず、全身にもお使いいただけます。

さらに、乳酸菌発酵エキス(※1)配合で肌自らの潤いを引き出し、デリケートゾーンをぷっくり保湿。茶葉エキス配合でにおいを抑える働きもプラスされています。

(※1)乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液,乳酸桿菌/コメ発酵物,乳酸桿菌/豆乳発酵液

2. スペシャルケア

アイムラフロリア デリケートブライトニングセラム

アイムラフロリア デリケートブライトニングセラム

グリチルリチン酸ジカリウム・プラセンタエキスのブライトニング成分で、乾燥によるくすみを抑え、透明感あふれるお肌に導いてくれる、くすみケア、保湿のスペシャルアイテム。こちらもデリケートゾーンのみならず、全身にも使用可能です。

ビタミンC誘導体(※2)や乳酸菌発酵エキス(※3)配合で、滑らかでみずみずしいお肌へと導きます。

(※2)アスコルビルグルコシド(※3)親水性乳酸菌発酵米・P

3. 保湿

アイムラフロリア デリケートボディクリーム

アイムラフロリア デリケートボディクリーム

みずみずしい使用感のクリームは肌馴染みが良いのが特徴。女性ホルモンを整えるザクロ果実エキスや大豆イソフラボン、血行を促す和漢成分、茶葉エキスなど植物由来成分を配合し、気になるデリケートゾーンのにおいや乾燥、かゆみなどのトラブルにアプローチ。

さらに、乳酸菌発酵エキス(※1)とセラミド配合でデリケートゾーンをふっくらと保湿。乾燥や摩擦によるダメージからお肌で守ります。

(※1)乳酸桿菌/コメ発酵物、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/豆乳発酵液

デリケートゾーンケアを習慣化

デリケートゾーンの仕組みや、問題点、専用商品に期待できる効果などを理解すると、デリケートゾーンケアを始めるのは、そんなに難しいことではなく、スキンケア同様、お手入れの一部だと感じるのではないでしょうか?

気になってはいるけど…公に話しづらいし相談しづらい…見えない場所だし…とネガティブな部分が先行して疎かになっていた方も、デリケートゾーンケアの大切さを理解した今がデリケートゾーンケアを始めるチャンスです。

デリケートゾーンケアは自分と向き合う大切な時間

誰しもが、デリケートゾーンのトラブルや、ケアの仕方、悩みや疑問を抱いたことがあるのではないでしょうか?

デリケートなことだけに、周囲には相談しにくかったり、ケアの仕方が分からなかったりと、悩みを抱えてひとりで苦しむなんて事が起きないように、日頃から、自分の体と会話するように向き合い、自分をより理解する時間としてデリケートゾーンケアを毎日に取り入れて習慣化してみてはいかがでしょうか。

■Writer's Profile

ダブリン 遥香

アメリカ人夫と国際結婚。一児のおとこのこママ。妻になってもママになっても私らしく!夫と息子とアメリカ暮らしを満喫中。

Instagram:@harukaxostyle
Facebook:@HARUKAXOSTYLE

ダブリン 遥香さんの新着記事はこちら

「NYでハサミを持つと言うこと」アメリカ・NY在住 穂高律子さん/美容師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第二回目は、NYで美容師として活躍する穂高律子さん。

2024.05.22

Interview

Career

【ラウラミーカ】/本質的な悦びをや癒しを感じる、「養生」としての肌着を

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも、正解かもしれません。 しかしその奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.05.22

Wellness

「自分を愛して、自分で生きる。それが私の奏でたい調和」シンガー・MOEKAさん

#グッドバイブスウーマン Vol.3。今回ご登場いただくのは、“魂の歌声をもつ”と表されるシンガー、MOEKAさんです。彼女が光で満たしたい世界のために奏でる「愛と調和」とは。

2024.05.22

Interview

Career

「自ら縛りつけていた、“理想の母親像”」HASUNA代表・白木夏子さん

結婚や出産、そして仕事。女性はライフステージによって変容せざるをえない。でも、何かを諦めたり、我慢するのはいかがなものだろう。正解などはない。そんなことをテーマに、子育てしながらビジネスの最前線にいる女性たちを取材する「♯Can woman have it all?〜女性たちはすべてを手に入れられる?〜」。

2024.05.22

Interview

Career

「どんな“道”も一日にして成らず。日本の美を極めていきたい」 アメリカ・ロサンゼルス在住 財満直子・華道家/生け花講師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第一回目は、アメリカ・ロサンゼルス在住の華道家・生け花講師である財満直子さん。

2024.05.21

Interview

Career