Wellness

私の婦人科検診ルーティン

image6.jpg

2021.09.27

最近ようやく婦人科検診の重要性が若者の間でも少しずつ認知されてきた日本。「自分は大丈夫」と安心しがちですよね。しかし婦人科病は誰にでも起こり得るものです。毎年欠かさず受けている私の婦人科検診ルーティンをご紹介します。

婦人科検診率が低い日本

女性の後ろ姿

どんな病も身体に違和感を感じてからではなく、未然に予防をすることが重要と言われています。

特に婦人科検診に関しては、勤め先の健康診断に含まれていないことも多々あり、検査に行くきっかけが見つからなくて行っていない、という人もいるのではないでしょうか。

2020年のデータでは、20代日本人女性の受診率は25%と、アメリカの80%に比べて大幅に低いデータとなっています。

私が毎年婦人科検診をするようになったきっかけ

私は2017年に中絶手術を経験しました。

当時、中絶手術をする際に婦人科検診や性病チェックをしたことがあるかと聞かれ、自分の身体のことについて何一つ知らないことに気づかされました。

それを機に「自分の体は自分で守る」ということを学び、毎年欠かさず検診に行っています。

ピンクリボン

婦人科検診といっても、様々な種類があります。ここでは婦人科クリニックの看護師さんに、私が最低限受診した方が良いと言われておこなっている検診についてご紹介します。

乳がん検診

バスト

「乳がん検診=痛い」という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

昔はマンモグラフィーという、乳房をマシンで挟む検査方法が主流だったので、挟む際に乳房に違和感や痛みを感じたり、妊娠中や授乳中の女性は原則検査ができませんでした。

しかし最近は乳房エコーという方法が普及されており、とても簡単に痛みなく検査ができます。

乳房エコーとは

私はいつも乳房エコーの方法で行なっています。ベッドに横になり乳房にジェルを塗って、超音波マシンで乳房の内部を検査する方法です。より隅々までエコーを動かして見ることができますし、妊娠中や授乳中の方含め全く痛みなしで検査が可能です。費用もマンモグラフィーよりも少し安く約4,000円程度なので、最近ではより多くの病院で採用されています。

子宮がん検診

お腹に手を当てる様子

子宮がん検診は子宮内のどの部分を検査するかによって種類や値段も異なります。

全て検査するに越したことはありませんが、私が毎年行なっている検診は2つです。

子宮がん検診はどうしても子宮内に器具を挿入する必要があるため、違和感が全くないとは言えません。しかしほとんどが10秒くらいですぐに終了するので、簡単で私は痛みは感じません。

子宮頸部細胞診

子宮頸がんの検査です。プラスチック器具やブラシで子宮頸部の細胞を擦りとって顕微鏡で調べるものです。約4,000円ほど。特に子宮頸がんは30代後半〜40代にかけてピークを迎えるケースが多く、そのうちほとんどが20代のうちに発症しているため、早期発見のためにも検査が推奨されています。

子宮内膜細胞診

子宮体がん(子宮内膜がん)の検査です。子宮内腔に細い器具を入れて、子宮内膜の細胞を採取して顕微鏡で調べるものです。約5,000円ほど。

性病検査もルーティンの一つ

手を繋いでいる様子

パートナーが1人だからと言って安心してはいけないのが性病。通常であれば発症しないものも、自分の身体の免疫力が低下していると発症するケースも多々あります。

性交渉の際に避妊具(コンドーム)の装着はマストですが、性交渉以外からも感染するリスクはゼロではないため、半年に1回くらいの頻度で性病検査も推奨されています。

婦人科検診をルーティン化して、自分の未来を守ろう

どんな病も早期発見さえできれば治る時代。私も以前は健康体だから自分には関係ないと思っていました。

しかし年齢を重ねるにつれ、以前よりも周りで婦人科検診の重要性を教えてくれる友人が増え、今では、誰にでも起こり得る病気なのだと感じています。

身体に違和感を感じてから病院に行くのではなく、検診を年1回のルーティンにして自分の健康チェックをしてみませんか。

※参考:

https://www.docknet.jp/media/medical-checkup-15/

https://www.docknet.jp/uteruscheck/

■Writer's Profile

あんぬ

20代OL/大手外資系キャリアコンサルタント/バックパッカー/新卒1年目で中絶を経験/誰もが生きやすい世の中実現のため、性教育支援や中絶経験者コミュニティー設立等活動中。

instagram:writtenby_anne
Blog
まとめリンク

「NYでハサミを持つと言うこと」アメリカ・NY在住 穂高律子さん/美容師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第二回目は、NYで美容師として活躍する穂高律子さん。

2024.05.22

Interview

Career

【ラウラミーカ】/本質的な悦びをや癒しを感じる、「養生」としての肌着を

なぜ、私たちは「からだにいいもの」を使いたいと思うのでしょうか。 健康になりたいからでしょうか? 美しくなりたいでしょうか? どれも、正解かもしれません。 しかしその奥に潜むリレーションシップ(関連性やつながり)に、目を向けることこそが本質的なウェルネスにつながるのではないでしょうか。

2024.05.22

Wellness

「自分を愛して、自分で生きる。それが私の奏でたい調和」シンガー・MOEKAさん

#グッドバイブスウーマン Vol.3。今回ご登場いただくのは、“魂の歌声をもつ”と表されるシンガー、MOEKAさんです。彼女が光で満たしたい世界のために奏でる「愛と調和」とは。

2024.05.22

Interview

Career

「自ら縛りつけていた、“理想の母親像”」HASUNA代表・白木夏子さん

結婚や出産、そして仕事。女性はライフステージによって変容せざるをえない。でも、何かを諦めたり、我慢するのはいかがなものだろう。正解などはない。そんなことをテーマに、子育てしながらビジネスの最前線にいる女性たちを取材する「♯Can woman have it all?〜女性たちはすべてを手に入れられる?〜」。

2024.05.22

Interview

Career

「どんな“道”も一日にして成らず。日本の美を極めていきたい」 アメリカ・ロサンゼルス在住 財満直子・華道家/生け花講師

「海外で挑戦する女性たち」にフィーチャーする連載インタビュー。第一回目は、アメリカ・ロサンゼルス在住の華道家・生け花講師である財満直子さん。

2024.05.21

Interview

Career