1. Home
  2. >
  3. Self care
  4. >
  5. リピ確定!アトピー敏感肌...
リピ確定!アトピー敏感肌が使う「iHerb」バスタイムアイテム

リピ確定!アトピー敏感肌が使う「iHerb」バスタイムアイテム

肌が乾燥しやすい人にとって、お風呂の時間はスキンケアの大事なポイント。生まれつきアトピー持ちである筆者が日頃から取り入れている、アイハーブのグッズをご紹介。併せて、入浴時に筆者が心掛けている入浴法をご紹介します。

2020.10.06 Self care

「Dead sea salt」のバスソルト

バスソルト
バスソルトの詳細

死海の塩の、バスソルトです。ラベンダーの香りのものもありますが、筆者はなるべく余計な成分が入ったものは使いたくないので、One With Nature社の無香料のものを選んでいます。使うときは、浴槽にフタ2杯分をインするだけでOK。ミネラルが豊富な死海の塩。お湯にとけて肌に浸透し、新陳代謝を促したり保湿効果も期待できます。浴槽に何も入れない時より、お風呂上がりは体が温かく感じますよ。

特別な日は「Suger scrub(deep steep社)」

スクラブのパッケージ
バスソルトの詳細

敏感肌にとってスクラブはあまりおすすめできるアイテムではありませんが、特別な日だけは、古い角質をとってスベスベな肌で臨みたいもの。ただし筆者は、塩に比べて粒が細かく、保湿効果が高い砂糖を主原料としたシュガースクラブを選んでいます。さらにこの商品はオイルも配合しているので、洗い流した後もしっとり。頻繁に使うのは肌に負担がかかりすぎるので、月1回までに留めています。

ヘアケアは「Leave-in conditioner」

トリートメント
トリートメントの詳細

肌が弱いと、ヘアケアアイテムにも神経を使います。というのも、地肌のかぶれやすさもありますが、液ダレしたときに顔や体を刺激してしまうから。Orijinaru Sprout社のこの商品は「赤ちゃんにも使える」を売りにしていて優しい成分を使っているので、その点安心して使えています。にもかかわらず、香りは”アメリカン”。しっかり香るので、ドライヤーを使った後も香りが残り、気分が上がります。

アトピー肌をよくするために、「発汗」も意識した入浴を

肌をきれいに保つには、汗をかくことも大切だと言われています。ただアトピーは運動で汗をかくと、汗にかぶれてしまうことも…。なので筆者は、意識してなるべく毎日入浴するようにしています。汗をかきつつ、すぐに流せる環境なので、かぶれる心配も少ないですよ。

最初は汗腺が詰まっていたのかなかなか発汗できませんでしたが、40度程度のお湯に20分ほどの入浴を、毎日続けるうちにしっかり顔も汗をかくように。敏感肌の方は、自分の肌の調子を見ながら、一度試してみてはいかがでしょうか?

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。