1. Home
  2. >
  3. セルフケア
  4. >
  5. ブラジャーの締め付けで肌...
ブラジャーの締め付けで肌がかゆくなりやすい方へ。ブラ選びのおすすめポイント3点

ブラジャーの締め付けで肌がかゆくなりやすい方へ。ブラ選びのおすすめポイント3点

乾燥する時期、汗が出やすい時期、季節の変わり目など…一年中、ブラが接触している部分がかぶれやすくて悩んでいた筆者です。 ブラジャーをすることでかぶれる原因は大きく分けて3つあります。これは蕁麻疹の原因と言われていることに当てはまります。

2021.03.24 セルフケア

ブラジャーでかぶれる原因は?

女性の様子

1.汗がこもり、蒸れてしまう

ブラをすることで汗がこもってしまい、そして蒸れるためその状況がかゆみを引き起こしやすくなります。

2.ブラが皮膚に触れ、摩擦が起きる

かゆいところを掻く度に、どんどんかゆくなるのはこの症状。体の動きによって擦れることで、摩擦が起き、かゆみの原因になります。

3.締め付けによる圧力

ベルト部分、ワイヤーなど皮膚を圧迫したり締め付けることで、かゆみを引き起こします。

これらの3つの原因がブラでかゆくなる原因と考えられるため、私はこの原因をもとに下着選びをこだわって、かゆみを軽減できるようになりました。

かゆくならないブラ選びのポイント3つ

1.素材にこだわる

通気性の良い素材や、肌触りの柔らかい素材を選ぶようにしています。通気性の悪い素材の場合、汗がこもり、蒸れやすくなってしまうことも。硬めの素材は、摩擦の刺激も大きくなるため避けるようにしています。

一番のおすすめは、綿素材。私はなるべく締め付けの多いバンド部分や、カップ部分が綿素材のものを選ぶようにしています。

ブラジャーの多くには、デザインとしてレースがあしらわれていますが、レースも柔らかい綿のものを選ぶようにしています。チュールのような固いレースは刺激になりやすいため、ほぼ選ぶことはありません。また、なるべくレースが布部分からはみ出ていない方が、肌との接触が軽減できるのでおすすめです。

2.ワイヤーはなるべく柔らかいものを

大前提として、自分のカップにあったものを選ぶこと。もしご自身の正しいカップをご存知なければ、下着屋さんで測ってもらいましょう。自分のカップより大きければ摩擦が大きくなりますし、小さければ圧になりますので、必ず自分のサイズにあったものを選んでくださいね。

そしてワイヤーの硬さもポイント。ワイヤーが硬いと締め付け感が強くなりますので、その分摩擦や圧も強くなります。なるべく柔らかいもの、もしくはワイヤー部分の布が綿などでしっかり覆われているものなど、圧を感じにくいものがおすすめです。

3.ストラップの太さや硬さにもこだわりを

カップやサイズが合わなくて、ストラップを短くして調整してしまうことありますよね。そういった対処をした時に、キツすぎてしまい、ブラのストラップ跡がついてしまった経験はありませんか?また、その跡の部分がかゆみになってしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

ストラップ部分は太い方が刺激になりにくいので、かゆくなりやすい方は太めのストラップを選ぶようにしましょう。またこちらも柔らかめの素材を選ぶのがポイント。

私が特に気に入っているのはカップやバンド部分からつながる三角型のもの。締め付けが分散されるのでかゆみを引き起こしにくいです。

以上ブラジャーでかぶれやすい筆者のこだわりの選び方3点でした。もし私と同じようにブラジャーでのかぶれが気になる方は、上記のポイントを気にして選んでみてください。1日中、そして毎日つけるものだからこそこだわって、快適なものを着用してくださいね!

■Writer's Profile

yurina

オーガニックコスメ業界からヨガインストラクターへ。”月経を楽しく”をコンセプトとしたセレクトショップMoonCycleBeautyを運営。

Instagram:@yrn0414

yurinaさんの最新記事はこちら

関連記事
春に魅力を開花するために!おすすめ温活セルフケア4選

春に魅力を開花するために!おすすめ温活セルフケア4選

冬の間に、心と体にエネルギーを充分に蓄えておくことで、春を美しく過ごせることをご存知ですか? 寒くて日照時間が短い...

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。