1. Home
  2. >
  3. Self care
  4. >
  5. 今話題のセルフケア、「リ...
今話題のセルフケア、「リトリート」とは?その意味とおすすめの方法をご提案

今話題のセルフケア、「リトリート」とは?その意味とおすすめの方法をご提案

リトリートって何のこと?どんな方法がおすすめなの?ストレスをリセットするためのセルフケアとして話題のリトリートについて、まとめてご紹介。種類別のおすすめ方法もご提案していますので、すっきりとリフレッシュするための参考にしてみてください。

2021.04.15 Self care

リトリートとは?意味を解説

避難所や隠れ家を意味する

隠れ家

「リトリート(Retreat)」とは、英語で避難所や隠れ家を意味する言葉。では、何から避難したり隠れたりするのかというと、ビジネスや家庭、人間関係などからくる日々のストレス。忙しい毎日を過ごしていると、どうしても心と体に疲れが溜まってしまいます。

そんなストレスのマネジメントとして、有効とされるものに、かつては「3つのR」がありました。緊張をほぐすことを意味する「リラクゼーション(Relaxation)」、肉体の疲労解消を意味する「レスト(Rest)」、楽しいひとときでの気分転換を意味する「レクリエーション(Recreation)」の3つですね。

しかし、近年では、さらに「リトリート(Retreat)」が加わり、ストレスマネジメントの「4つのR」と認知されるように。心身の健康を保つための避難所や隠れ家は、多くの人に必要とされると考えられています。

日常から離れて静養すること

リトリートの意味をさらに詳しく見ていくと、日常から離れて静養することを表します。普段いる場所から距離をおき、心身の疲れをとっていくのです。日常の喧騒から離れた特別な場所を、避難所または隠れ家として過ごすのですね。

リトリートでは、ビジネスや家庭、人間関係といったことは忘れて、ゆったりと過ごすことが大切。静かな時間の中で、リラックスしていきましょう。

物事をありのままに見つめること

リトリートには、物事をありのままに見つめるという意味が含まれることもあります。外界との関係を断ち、意識を集中させることで、ありのままの自分を見つめるのです。

物事をありのままに見つめるという考えは、ヨガや瞑想などの教えに近いものが。そのため、リトリートの方法の一つとして、ヨガや瞑想が取り入れられることがあります。

リトリートに期待できるメリットは?

心身に休息が与えられる

ココア

リトリートに期待できる最大のメリットが、心身に休息が与えられることです。仕事でのこと、家庭でのこと、人間関係でのこと、毎日の生活を送るだけでも疲れが溜まってしまいます。

そんなときは、全く異なる環境に行ってみることがおすすめ。いつもとは違う風景の中に身をおくことで、日常から解放されるのです。煩わしいことを思い出させるものがない場所で、心身をリフレッシュさせましょう。自宅で休日を過ごすだけでは休息が得られないと感じたら、リトリートできる場所に足を運んでみてください。

自分自身と向き合う時間が作れる

リトリートのメリットには、自分自身と向き合う時間が作れるというものもあります。忙しい生活の中でふと立ち止まって、自分自身と向き合うことは中々難しいですよね。

何を考え、何に悩み、どんなことを希望しているのか、落ち着いて思いを巡らせるのは大切なこと。リトリートで静かな時間を確保して、自分自身と向き合ってみましょう。

新しい自分を発見できる可能性が

新しい自分を発見できる可能性があることも、リトリートのメリットの一つ。日常とは違う場所で、異なる体験をしながら、自分自身と向き合うことで新たな発見ができることも。

リトリートでは、今までに感じなかった新しい気持ち、これまでの考え方に影響を与える体験、違う視点からの気付きなどを得られることがあると言われています。過去の自分と新しい自分をすり合わせながら、新たな一歩を踏み出してみたい方にもおすすめです。

リトリートにおすすめの場所

自然豊かな場所

自然

リトリートにおすすめなのは、何と言っても自然豊かな場所。広々とした、緑あふれる場所に赴いてみましょう。中でも森林は、リトリートのおすすめスポット。

森林には心身を癒やし、健康に導く力があるとされています。森林の中に身をおくだけでも、ほっとした気分になったことはありませんか?森林に触れられる、自然豊かな場所でリトリートしてみましょう。

医師が認める予防医療効果。 「森林セラピー」で自分の力を取り戻す。

水辺の近く

水辺の近くの場所も、リトリートにおすすめ。ビーチや湖、滝や川といった水辺の近くは、人にとって良い状態を作ると言われています。

水のある風景や、水の音には、なぜか心身ともにリラックスさせる効果が。温泉大国とも呼ばれる日本なら、露天風呂や秘境の湯などを利用する方法も。豊かな自然も感じられることから、リトリートの人気スポットになっています。

ミツカン水の文化センター 水による心の回復力

電波が少ない場所

電波が少ない場所も、リトリートに人気です。ビジネスでも日常でも、スマホやパソコンを通して、電波に触れないときはありませんね。

そんな電波を発するデジタルデバイスから距離を置くことは、ストレスの軽減に繋がると考えられています。近年では、デジタルデトックスという概念も普及しているほど。なるべく電波が届かない場所で、心身に休息を与えてみましょう。

DIGITAL DETOX JAPAN

リトリートにおすすめの方法5つ

①大自然の中で癒しを得る

森の中の女性

大自然の中に身をおいて、癒しを得るのは、ポピュラーなリトリートの方法の一つ。とくに人気なのは、緑豊かな場所での森林浴。マイナスイオンや木々の香りに囲まれて、癒やされる方法になります。

また、水辺の景色を見ながら、水の音に癒やされる方法も。森林浴でも、水辺の散策でも、大事なのは五感を使って自然を感じ取ること。目には見えないリラックス効果を与えてくれると言われているので、ビジネスや日常のことは忘れてゆったりしましょう。

②ヨガで心身を整える

ヨガやスパで心身を整えることも、効果的なリトリートの方法だと考えられています。美容やボディメイクをメインとしたものではなく、呼吸法で自律神経を整えたり、自然のエネルギーを感じたりする方法で心身の不調を整えていきます。

とくに、心の安定をメインにリトリートしたい方におすすめの方法。豊かな自然の中で行えば、さらに効果が期待できると考えられています。

③瞑想で自分と向き合う

瞑想をする女性

瞑想も、人気が高いリトリートの方法。目を閉じ、気持ちを落ち着かせながら呼吸を整えることで、外界と自分を切り離します。様々な情報や雑念を遮断することで、無になる時間を作るのです。

そのため、自分自身と向き合うことを重視したい方のリトリートにおすすめです。静かな場所でリラックスして行っていきましょう。

④ファスティングでデトックス

ファスティングでデトックスするのも、リトリートの方法の一つ。ファスティングとは、簡単に言うと断食のこと。体から老廃物を排出して、内側からリセットしていくことを目的としています。

ただし、ファスティングは正しい方法で行うことが大切。単純に食事を断つことはNGとされています。最近は、ファスティングリトリートを目的とした宿泊施設もあるので、初心者の方は利用してみると良いでしょう。

正しいファスティングのやり方、理解してる? 知っておくべき基本の“キ”となる10カ条

⑤リゾート地でリフレッシュ

リトリートにおすすめの方法は、リゾート地でリフレッシュすること。ショッピングや観光ではなく、リフレッシュをメインとしたリゾート地は、近年増えつつあります。リトリートできる場所を一から探すよりも、リトリートに対応したリゾート地から選んだほうが、探し方も簡単ですね。

自然豊かな場所や水辺などでリトリートできるリゾート地では、ヨガや瞑想などの指導を併せて行っていることも。温泉や、ファスティングを意識した食事が準備される場所もありますよ。リゾート地を利用した方法で、ビジネスや家庭、人間関係といった日常から解放されてみてください。

じゃらんニュース  デジタル機器から離れてリラックス!電波がつながらない関東圏のキャンプ場3選

リトリートで心身を労ろう

女性

リトリートは、ビジネスや日常生活で疲れた心身をセルフケアするために人気。ストレスフルと呼ばれる社会に身を置いているからこそ、避難所や隠れ家は大切なのですね。

リトリートには色々な方法がありますが、最近はサポートしてくれる宿泊施設も充実してきています。気軽に始めることは可能なので、ぜひリトリートで心身を労ってあげてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。