1. Home
  2. >
  3. SDGs
  4. >
  5. エシカルファッションブラ...
エシカルファッションブランド16選。生産背景や素材にも拘ったアイテムを選びませんか

エシカルファッションブランド16選。生産背景や素材にも拘ったアイテムを選びませんか

最近話題になっているエシカルファッションが気になるけれど、一体どんなブランドがあるんだろう?そんな方のために、エシカルファッションの展開に注力しているブランドをご紹介します。エシカルファッションの定義と共に、是非チェックしてみてください。

2021.04.17 SDGs

エシカルファッションブランドとは

環境にも人にも優しいファッション

エコ

エシカルファッションとは、「環境と人間の両方に優しいファッション」を目指したもの。現代は、「価格の安いものをたくさん」という大量消費社会です。これはファッションブランドも例に漏れず、労働力搾取や環境破壊など様々なことが問題となっています。

この状況を打開しようと注目されているのが、このエシカルファッション。適切な報酬の元での労働や、素材・生産過程での配慮を行い、人にも環境にも優しいアイテムの生産を目指しています。

10つの基準によって定義される

エシカルファッションは、10つの要素によって定義されるもの。これは、エシカルファッションを推進するイギリスのNPO法人、「The Ethical Fashion Forum」によって定められた条件です。

大量廃棄や生産者の権利尊重、伝統技術の保護など、様々な要素があるのが特徴。またこの10つ全ての要素を満たしていなくても、1つでも当てはまるのであれば「エシカルファッション」と定義されます。

エシカルファッション 10つの基準
  1. 安価で使い捨て型の「ファストファッション」に反対している
  2. 生産者の権利を尊重して作られている
  3. 地球環境に優しいライフスタイルを応援する服
  4. エコフレンドリーな布や材料からできている
  5. 農薬や化学薬品を服に使っていない
  6. リサイクルをしていて、エネルギーを無駄使いしていない
  7. エシカルファッションの取り組みを広めるための情報を提供している
  8. ファッション界のサステナビリティを促進する活動をしている
  9. 水をなるべく使わずに作っているファッション
  10. 動物の権利尊重

次の記事では、動物を痛めつけないファッションアイテムとして、ヴィーガンレザーについて解説しています。革製品に対するエシカルな考え方が普及する中で、昨今着目されているヴィーガンレザー。革製品を選ぶ際の新たな選択肢を増やすために、是非ご覧になってみてください。

関連記事
ファッションの新しい選択肢「ヴィーガンレザー」とは。従来との違いを詳しく解説

ファッションの新しい選択肢「ヴィーガンレザー」とは。従来との違いを詳しく解説

ヴィーガンレザーって何のこと?レザーとは何が違うの?気になる意味を、ヴィーガンレザーの特徴と一緒にまとめて解説。フ...

オーガニック|エシカルファッションブランド4選

THE HINOKI

オーガニック素材にこだわられているブランドとして、THE HINOKIが挙げられます。日本国内の鳥取県で活動しており、オーガニックコットンやリネンなど、サステナブル素材を使った服を作っているのが特徴。

THE HINOKIでは、服を作る時の生産過程にも気を配っています。なるべく廃棄物を出さないような製法が採用されており、自然に負荷をかけないことを目標にしています。自然と調和した、エシカルかつサステナブルなブランドとして活躍中。通販サイトもありますので、手軽に服を手に入れられるのもポイント。

THE HINOKI

tamaki niime

タマキニイメ ベーシックショール コットン

tamaki niime

タマキニイメ ベーシックショール コットン

13,200円 (税込み・参考価格)

tamaki niimeも、サステナブルなオーガニック素材を使っている国内ブランド。兵庫県の西脇市にショップを構えており、環境に優しい製品作りに取り組んでいます。

tamaki niimeでは20214年から、オーガニックコットンの栽培を行なっており、それを製品に使っています。コットンには農薬が使われておらず、自然環境にも配慮しているのも大きな特徴。

tamaki niime

joha

johaは、1963年にデンマークで生まれた海外肌着ブランド。スカンジナビアでは誰もがjohaの肌着を着用すると言われているほど、非常に著名な海外ブランドなのです。

johaの商品には化学薬品が一切使われておらず、環境にも人にも配慮されているのが特徴。品質管理も徹底されており、EUのエコラベル認証も受けています。地球環境を壊さない、というサステナブル的観点も取り入れているブランドです。

joha

no nasties

no nastiesはインドで誕生した、海外エシカルブランドの一つ。no nastiesでは、オーガニックコットンを使ったTシャツを生産し、通販での販売を行なっています。価格が1000円台とかなり安いのも、no nastiesの服の特徴です。

またno nastiesは、インド農家が搾取されていると言う社会問題にも向き合っています。サステナブルだけでなく、フェアトレードにも重きを置いているブランド。安い価格でオーガニックコットン100%の服が買える上、オリジナルTシャツを作ることも可能ですよ。

no nasties

フェアトレード|エシカルファッションブランド4選

Vivienne Westwood

ウールマフラー

Vivienne Westwood

ウールマフラー

7,990円 (税込み・参考価格)

フェアトレードの観点から作られた海外ブランドとして、Vivienne Westwoodが有名です。1971年にデザイナーであるヴィヴィアン・ウエストウッドが設立。2011年にアフリカの独立事業団体と協定を結び、「エシカルファッション・アフリカ」と言うプロジェクトをスタートさせました。

このプロジェクトは、安い賃金で働かされているアフリカの女性労働者をサポートするのが目的。公正な労働環境作りを手助けし、働きに見合った賃金が支払われることを目指しています。

様々なファッションアイテムが販売されていますが、おすすめなのはウールマフラー。オーガニック素材が採用されているためエコですし、通販サイトから手軽に購入することも可能です。

Vivienne Westwood

MACHAKOS

フェアトレードに取り組むブランドを支持したい!という方におすすめなのが、MACHAKOSという海外ブランド。ケニアで誕生したハンドメイドブランドで、女性労働者の手で丁寧に商品が作られています。

安い賃金で働かされる女性労働者の権利を保障し、対等な雇用関係を結ぶことをサポートする海外ブランド。またMACHAKOSの収益の一部は、工房近くの教育施設や福祉施設に寄付されます。フェアトレードだけでなく、社会貢献にも取り組んでいるおすすめブランドですよ。

MACHAKOS

People Tree

ウールニット

PeopleTree

ウールニット

6,600円 (税込み・参考価格)

PeopleTreeは、フェアトレードとエコにこだわられている国内ブランドの一つ。フェアトレード認証を受けている素材のみでアイテムを作っており、公正な労働環境作りをサポートしています。

またPeopleTreeのアイテムの多くには、インドで作られたオーガニックコットンが使用されているのも特徴。アパレルアイテムはもちろん、食品や雑貨など幅広い商品を展開しているおすすめブランドです。通販サイトも開設されていますし、価格も安いので、手軽に商品を購入できるという魅力も。

People Tree

Maison bengal

フェアトレードを行なっているブランドとしておすすめなのが、Maison bengal。パングラデシュで設立された海外ブランドで、現在3つの構成取引組織と連携しています。安い賃金や劣悪な労働環境を改善し、職人が働きやすい状況を作るのが目的。

Maison bengalで雇用されている職人は、長期での雇用が約束されている他、ブランドから経済的支援を受けることも可能。フェアトレードのみならず、エコ素材の利用や伝統職人の育成などにも着手しているのです。

Maison bengal

クラフトマンシップ|エシカルファッションブランド4選

うなぎの寝床

伝統的な技術を守るブランドとしておすすめなのが、うなぎの寝床。福岡県にある国内ブランドで、伝統技術をファッションに落とし込んだアイテムを製造・販売しています。

また地域に根差している生産や、様々な伝統工芸なども積極的に配信。ただアイテムを通販で販売するだけでなく、国内全体に地域の魅力を伝えようとしています。

うなぎの寝床

宝島染工

宝島染工も、クラフトマンシップを目指す国内ブランドです。宝島染工の洋服に使われているのは、藍などの伝統的な天然染料。昔ながらの製法と素材を受け継ぎ、現代のファッションに落とし込んでいます。

天然の染料だからこそ出せる色合いや、肌触りの良さなどに徹底的にこだわられているのが特徴。コストや廃棄物の削減にも取り組んでおり、エコを重視しているブランドでもあります。公式通販サイトを利用すれば、宝島染工の商品をすぐに手に入れることができますよ。

宝島染工

liv:ra

liv:raは、エシカルなランジェリーを取り扱う国内ブランド。liv:raの商品は、日本に伝わる伝統技術の一つである「草木染」で仕上げられています。

一点一点丁寧に手染めされており、品質が良いというのがおすすめポイント。色落ちした場合でも家で染め直しができるよう、天然染料のキットなども用意されています。長期間愛着を持って肌着を楽しみたい、という方にぜひおすすめしたいブランド。

liv:ra

kapuwa

kapuwaは、インドの伝統技法を採用したファッションを展開するブランドです。インドに伝わる「木版プリント」と呼ばれる技術が落とし込まれており、華やかなアイテムが揃っています。

またインドからフェアトレードのもとで購入した、アクセサリーやホームアイテムなどが取り扱われているのも特徴。全てが手作業で作られているため、廃棄物も少なくエコです。通販サイトも完備されていますので、気になった方はチェックしてみて。

kapuwa

社会貢献|エシカルファッションブランド4選

Patagonia

ボトムススカート

Patagonia

ボトムススカート

20,740円 (税込み・参考価格)

Patagoniaは、社会貢献に取り組んでいる代表的な海外ブランド。毎年売上の1%以上を、環境保護活動を行う団体に寄付するという「環境助成金プログラム」を実施。サステナブルな素材の使用にもこだわられています。

またPatagoniaでは、リユース・リサイクル資源を使ったエコアイテムも販売。更にフェアトレードへの意識もかなり高く、工場の労働環境にも配慮しています。Patagoniaは、数々の取り組みを行なっているエシカルブランドなのです。

Patagonia

Veja

Vejaも、社会貢献に積極的に取り組んでいるブランド。ブラジルの農家と直接契約をしているのが特徴で、利益の還元率アップを狙うことで社会に貢献しています。

またVejaの商品には、日本が開発したリサイクル技術が採用されています。化学的な処理は一切行わず、物理と熱処理のみで素材を再生して販売。社会貢献のみならず、エコやサステナブルにも注目している海外ブランドです。

Veja

NADELL

NADELLも、社会貢献に取り組んでいるエシカルファッションブランド。売上の一部を人権や環境保全に取り組む団体に寄付することで、より良い社会作りを目指しています。

NADELLで取り扱われている服や小物には、国内生産のオーガニックコットンのみが使用されているのもポイント。商品の色付けには肌に負担をかけない染料が使われているので、人への優しさにも配慮されています。

NADELL

エシカルブランドで人と環境に優しいファッションを楽しんで

先を見つめる女性

環境を破壊しない、労働者から搾取しない、などのエシカル消費の考え方に配慮されたエシカルファッション。環境と人間の両方に優しい服装を目指しましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。