Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. Self care
  4. >
  5. 美容の宝庫!ハーブティー...
美容の宝庫!ハーブティーの出がらし活用法4選

美容の宝庫!ハーブティーの出がらし活用法4選

心身の調子を整えてくれるアイテムとして注目される「ハーブティー」。皆さんは飲み終わった後の出がらし、そのまま捨てていませんか?実は出がらしには、美容に嬉しいさまざまな活用方法があるのです。今回は、今日からすぐにできる簡単アイディア4選をご紹介します。ぜひご覧ください!

2021.02.10 Self care
ハーブティーの出がらし

ハーブティーの出がらし

美容に嬉しい!ヘルシーおやつに

美容の味方であるビタミンCをレモンの20~40倍も含み、「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれるハーブ「ローズヒップ」。ハーブティー抽出後も成分が多く残っていると言われています。酸味が感じられ、触感も柔らかくなっているので、ハチミツをかけてヨーグルトと一緒に食べれば、美容にも嬉しいヘルシーおやつの完成です。

ハーブティーの出がらしとハチミツをかけたヨーグルト

酵素がたっぷり含まれる生はちみつと、自家製のケフィアと一緒によくいただいています。

ゆったりバスタイム!ハーバルバスに

ハーブティーの出がらしを、お茶パックなどの袋に入れてバスタブに入れるだけ。コットンや麻の袋なら、身体にも優しく何度も使えるのでエコです。お風呂いっぱいに広がるハーブの香りを鼻から吸い込み、身体の皮膚からハーブの成分を吸収することができます。身体が温まり、心身がリラックスし、美肌にも期待できると言われています。

コットンの袋に入ったハーブティーの出がらし
おすすめハーブ
  1. ジャーマンカモミール・・・リラックス。かさつきやかゆみを感じるときに
  2. カレンデュラ・・・肌に傷や打ち身があるときに
  3. ローズマリー・・・血行不良や筋肉痛が気になるときや、リフレッシュしたいときに
  4. ローズ・・・自分らしさを取り戻したいときや、肌のハリがほしいときに
  5. レモンバーム・・・気持ちを整えたいときに

絶世の美女クレオパトラは、よくローズのお風呂に入っていたと言われています。フラワー系のハーブは見た目も色とりどりで香りも良いので、お好みの色で選んでみても良いかもしれません。

気になるニオイをすっきり!天然の消臭剤に

乾燥させたハーブには消臭効果があります。出がらしを乾燥させて小皿やティーパックに入れて、シューズボックスや靴の中、クローゼット、冷蔵庫、ゴミ箱などに入れておくと、匂いを吸い取ってくれます。

お好みでエッセンシャルオイル(精油)をたらせば、ポプリとしてずっと使うことができます。

ラベンダーを乾燥させたものとエッセンシャルオイル

↑ラベンダーを乾燥させたものにエッセンシャルオイル(精油)をたらし、枕元に置いています。

土の栄養に早変わり!肥料に

ハーブの出がらしには、まだ栄養が残っていることもあります。土の表面に置くだけで、立派な肥料に早変わりしてくれます。

特に「飲むサラダ」とも言われるルイボスは、植物の肥料三要素といわれる「リン・カリウム・窒素」 が含まれているので、植物を生き生きと育てることができます。

土の表面にハーブティーの出がらしが置かれた葉の大きな植物

いかがでしたでしょうか?ぜひ取り入れられそうなものから試してみてくださいね!天然の恵みをたっぷり取り入れたライフスタイルで、美しく健やかな毎日を楽しみましょう!

■Writer's Profile

岡野 真弥 Maya Okano

フィトセラピスト(植物療法士) / ヨガインストラクター。星野リゾートでのコンシェルジュ・ブライダルコーディネーターを経て、外資系ラグジュアリブランドで秘書業務に従事。多忙なスケジュールにより体調を崩し、アトピー性皮膚炎などの不調に悩まされるも、紀元前から活用されてきたハーブ・スパイスなど植物の恵みを取り入れることでそれらを改善。企業研修やワークショップ、法人向けの企画などを通して、植物を活用したセルフケア法を発信している。

Instagram:@mayapr8 ブログ:Phytotherapist

岡野 真弥さんの新着記事はこちら

関連記事
植物のエネルギーを味方につけて毎日を軽やかに!シーン別おすすめハーブティー6選

植物のエネルギーを味方につけて毎日を軽やかに!シーン別おすすめハーブティー6選

心身の調子を整えてくれるアイテムとして注目される「ハーブティー」。自分の状態や気分に合わせて、自然の恵みを上手に取...

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。