1. Home
  2. >
  3. ファッション
  4. >
  5. 美的センスを刺激する映画...
美的センスを刺激する映画たち。ファッション好きなら観ておきたい作品を集めました

美的センスを刺激する映画たち。ファッション好きなら観ておきたい作品を集めました

おしゃれなコーディネートや衣装が登場する、登場人物のファッションが際立つ映画はたくさんありますよね。今回は、ファッション好きに是非おすすめしたい作品をまとめました。レトロスタイルやハイブランド、カジュアルコーデなど、ファッション別のおすすめ映画を紹介していますよ。ストーリーを楽しみながら、ファッションポイントにも注目してみましょう。

2021.03.31 ファッション

ハイブランドの洋服が登場するおしゃれ映画

①『ティファニーで朝食を』

ティファニーで朝食を

パラマウント

ティファニーで朝食を

円 (税抜き・参考価格)

ハイブランドが衣装を提供したことで有名なのが、『ティファニーで朝食を』という洋画。ニューヨークで一人暮らしをしている女性・ホリーの元に、ポールという作家が引っ越してきます。徐々にポールに惹かれていくホリーの恋愛を描いた、ラブストーリー。

『ティファニーで朝食を』の注目は、何といってもホリーが着ているハイブランドの洋服。本作では、ジバンシィというブランドが衣装を担当しています。特に有名なのが、真っ黒のロングドレス。ブラックドレスの知名度を一気に上げた、伝説の衣装です。エレガントで女性らしい雰囲気は、真似したくなること間違いなし。

ファッションの見どころ

女性らしく優美なブラックドレスが必見。

②『ネオン・デーモン』

ネオン・デーモン

ギャガ

ネオン・デーモン

円 (税抜き・参考価格)

『ネオン・デーモン』も、おしゃれなハイブランドアイテムが登場する洋画。トップモデルになるために上京してきたジェシーは、順調にキャリアを積み上げていきます。そんなジェシーを疎ましく思ったライバルは、様々な裏工作で彼女を陥れようとします。業界の表と裏を描いた、迫力のある作品。

『ネオン・デーモン』では、アルマーニやサンローランなどのハイブランドが衣装を提供しています。特に注目なのが、終盤のジェシーが着用しているゴールドのトップスとブラックのパンツ。自身の美しさに気づいたジェシーの、強気な気持ちが現れたコーデです。

トップスの胸元はザックリと開いており、女性らしくセクシーな印象に。ボトムスに黒を持ってくることで、奇抜すぎずまとまりのあるコーデに仕上がっています。挑戦的なコーデにチャレンジしたい!という方は、是非参考にしてみて。

ファッションの見どころ

クライマックスのゴールドトップス×ブラックパンツのコーデに注目。

③『パーソナル・ショッパー』

パーソナル・ショッパー

TCエンタテインメント

パーソナル・ショッパー

円 (税抜き・参考価格)

『パーソナル・ショッパー』も、ハイブランド好きにはたまらない洋画です。主人公は、セレブの代わりにアクセサリーや服を買う、パーソナルショッパーをしている女性・モウリーン。彼女は、双子の兄を亡くした悲しみから立ち直れないでいました。そんな彼女の元に、謎のメールが届き始める…というサスペンスストーリー。

衣装協力はシャネルやカルティエ、クリスチャン・ルブタンなど。有名ブランドが数多く登場し、最先端のファッションスタイルを満喫することができます。きらびやかで美しいファッションを楽しみたい方は、是非視聴を検討してみて。

ファッションの見どころ

ハイブランドの煌びやかなファッションアイテムが盛りだくさん。

カジュアルなファッションが楽しめるおしゃれな映画

①『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール

TCエンタテインメント

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール

円 (税抜き・参考価格)

カジュアルで真似しやすいファッションを探しているのなら、『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』という洋画がおすすめ。ロックバンドのフロントマンを務めるスチュアートが、自分の曲の世界を表現するために作ったミュージカル映画。入院している病院を逃げ出した少女と、音楽仲間との青春が描かれています。

ファッションのポイントは、何といっても真似しやすいカジュアル感。白いシャツにチェック柄のスカート、ボトムスと同じ柄のタイ。赤いワンピースにデニムのジャケットを羽織り、黒のシューズを履いたスタイル。真似しやすいおしゃれさが表現されていますよ。

ファッションの見どころ

ちょっとレトロなカジュアルコーデに挑戦したい方は必見。

②『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

東宝

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

円 (税抜き・参考価格)

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、日本で人気の高い作品。ある日、主人公は電車で女性に一目惚れをします。猛アタックの結果交際が始まりますが、彼女には秘密があって…というストーリー。一見見慣れた展開かと思いきや、感動的な結末を迎えます。

デートシーンが多いこともあり、ガーリーで可愛らしいファッションがたくさん出てきます。特に参考になるのが、ゆったりとしたニットにホワイトコート、そしてフワフワのマフラーを巻いたスタイル。可愛らしい大人のスタイルが参考になります。

ファッションの見どころ

真似したくなる大人ガーリーなコーディネートを参考にしてみて。

③『(500)日のサマー』

(500)日のサマー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

(500)日のサマー

円 (税抜き・参考価格)

『(500)日のサマー』も、等身大のカジュアルスタイルが楽しめる洋画。主人公・トムが働く建築会社に、秘書としてサマーという女性が入社してきます。一瞬で恋に落ちたトムとは反対に、サマーは恋を信じることができません。2人が真実の愛にたどり着く過程を描く、切ないラブストーリーです。

『(500)日のサマー』のファッションポイントは、なんといっても真似しやすいカジュアルさ。ガーリーなブラウスに、ワイドパンツを合わせたコーデ。フェミニンさを演出してくれる、ブルーのコットンワンピース。参考にしやすいスタイルが詰まった洋画です。ガーリーなカジュアルコーデを目指す方は、是非鑑賞してみては。

ファッションの見どころ

フェミニンで可愛いカジュアルスタイルが多数登場!

レトロファッションを楽しめるおすすめ映画

①『今夜、ロマンス劇場で』

今夜、ロマンス劇場で

ポニーキャニオン

今夜、ロマンス劇場で

円 (税抜き・参考価格)

レトロファッションの参考になると人気なのが、『今夜、ロマンス劇場で』という日本映画。モノクロの世界から飛び出してきたヒロイン・美雪と、現実世界で生きる青年・健司。出会うはずのなかった2人のラブストーリーです。

この作品の見どころは、80年代カルチャーを思わせるレトロな衣装の数々。カーキ色のボトムスに、パープルのノースリーブシャツを合わせたコーデ。黒のトップスに黄色のスカート。他にも部屋着やドレスなど、様々なレトロファッションが登場します。今風のクラシカルコーデの参考になる日本映画ですよ。

ファッションの見どころ

80年代のレトロでポップなコーデに注目。

②『タイピスト!』

タイピスト!

ギャガ

タイピスト!

円 (税抜き・参考価格)

フランス映画である『タイピスト!』も、レトロなスタイルを楽しむことができる人気作品。舞台は1950年代のフランス・パリ。田舎で育ってきたローズは、華やかなファッションスタイルを買われ、秘書の試用試験に合格します。正式に秘書に採用してもらうため、タイプライターの大会に出場する、というストーリー。

『タイピスト!』のファッションの見どころは、ワンピースやスカートスタイルのコーデ。立ち襟のシャツにピンクのスカートを合わせたスタイルや、胸元の空いたパステルブルーのドレス。真似したくなるフランスのレトロファッションが、多数登場しますよ。ポップで可愛いメイクやネイルにも注目してみて。

ファッションの見どころ

思わず真似したくなる、キュートなレトロコーデが満載。

③『アメリ』

アメリ

アルバトロス

アメリ

円 (税抜き・参考価格)

『アメリ』は、2001年に公開されたフランス映画。日本を含む世界中で、大ヒットを記録した作品です。フランスに住むアメリは、自分が幸せになることに臆病な女性。そんな彼女は、他人を幸せにするために行動を始めます。

『アメリ』のストーリーを彩るのは、温かみのある原色カラーを使ったレトロファッション。特に真似しやすいのが、グリーンのトップスにブラックのスカートを合わせたスタイル。アクセサリーなどは付けず、シンプルで大人っぽいコーデに仕上がっています。

またアメリのファッションは、女性らしさを取り入れているのがポイント。デコルテが大きく開いたデザインや、体のラインが見えるトップスなどが着用されています。アメリのマニッシュなヘアスタイルとの組み合わせが絶妙です。

ファッションの見どころ

鮮やかなレトロファッションが画面を華やかに。

大人っぽい上品コーデが登場するファッション映画

①『リベンジgirl』

リベンジgirl

バップ

リベンジgirl

円 (税抜き・参考価格)

『リベンジgirl』は、大人っぽい上品なコーデが登場する日本映画。主人公は、東京大学でミスキャンパスに輝いた経歴を持つ、才色兼備の女性・美輝。完璧に近い彼女ですが、政治家一家の御曹司である裕雅に大失恋します。恋のリベンジのため、美輝が内閣総理大臣を目指すことを決意する…というストーリー。

日本の女子大生が着こなす、おしゃれで真似しやすいコーデが揃っています。かわいいと注目を集めたのが、イエローのプリーツスカートを主役にしたスタイル。太めの共布で作られたベルトが、コーデのアクセントです。トップスはストライプカラーのシャツ。生地のセレクトが参考になるコーデです。

かわいいだけでなく、大人っぽくかっこいいコーデも多数登場します。特に参考にしやすいのが、白いブラウスにレッドスカートを合わせ、黒のジャケットを羽織ったスタイル。主張の強い色を1つだけ持ってくることで、おしゃれで上品なコーデに仕上がっています。是非真似してみてくださいね。

ファッションの見どころ

オシャレな生地のセレクトや、上品なアイテムの組み合わせ方がわかる作品

②『プラダを着た悪魔』

プラダを着た悪魔

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

プラダを着た悪魔

円 (税抜き・参考価格)

『プラダを着た悪魔』は、長年高い人気を誇り続けている映画。田舎で育った主人公・アンが、悪魔のような上司のもとでファッション業界で働く、というストーリーです。田舎出身のアンのファッションは、最初おしゃれとは程遠いもの。しかし業界で働くうちに、どんどん美しく洗練された姿に変化していきます。

2006年の映画ですが、現在も真似したくなる大人綺麗なスタイルが多数展開されます。参考にしやすい普段着コーデから、優雅なブラックドレスまで、様々な衣装が登場しますよ。実際に発売されているファッション誌を元にしているため、どのシーンもおしゃれに決まっているのもポイント。

ファッションの見どころ

カジュアルからオフィシャルまで、参考にしたいオシャレコーデが幅広く登場。

③『新しい靴を買わなくちゃ』

新しい靴を買わなくちゃ

キングレコード

新しい靴を買わなくちゃ

円 (税抜き・参考価格)

『新しい靴を買わなくちゃ』は、フランス・パリを舞台にした日本映画。女性誌に掲載されていた漫画が原作になっていて、主人公を含む登場人物全てのコーデがおしゃれです。

カラーリングが特徴的なストライプのワンピースに、ホワイトコートを合わせたコーデなど、無難過ぎないおしゃれスタイルが多数登場。大人っぽく、エレガントなファッションの参考になること間違いなし。向井理さんのファッションにも、フランス・パリのおしゃれな雰囲気が漂っていますよ。

ファッションの見どころ

ホワイトコートと、ストライプワンピースの大人可愛い組み合わせは必見。

ファッション業界の裏側を描いた映画

①『メットガラ ドレスをまとった美術館』

メットガラ ドレスをまとった美術館

アルバトロス

メットガラ ドレスをまとった美術館

円 (税抜き・参考価格)

アパレル業界を描いた作品として知られているのが、『メットガラ ドレスをまとった美術館』。メットガラとは、業界人やセレブが集うファッション界で最も大きなイベント。この作品では、メッドガラに携わるスタッフの8ヶ月間が追われています。

現場スタッフの奮闘や葛藤、華やかな衣装が生まれる様子が、ドキュメンタリーで描かれます。最後には、華やかなドレスに身を包んだセレブ達が多数登場。優美できらびやかなファッションを観ることができますよ。

ファッションの見どころ

美しく煌びやかなドレスに、目を奪われること間違いなし!

②『ディオールと私』

ディオールと私

アルバトロス

ディオールと私

円 (税抜き・参考価格)

ファッション業界に興味がある方におすすめしたいのが、『ディオールと私』。ディオールのデザイナーに就任したラフ・シモンズが、コレクションに参加する舞台裏を描きます。

オートクチュールが誕生する過程や、コレクションを完成させるまでの奮闘が描かれたドキュメンタリー。歴史あるブランド、ディオールの伝説を守る人の姿を見ることができます。最先端のファッションに触れられるのが、この作品最大の魅力。是非鑑賞してみて。

ファッションの見どころ

ハイブランド・ディオールが織りなす最先端のスタイルが刺激的。

おしゃれな映画のファッションをチェックしてみて

服

洋画にも日本映画にも、おしゃれな洋服が登場する作品はたくさんあります。ハイブランドの衣装から、真似しやすいカジュアルスタイルまで、映画には様々なファッションが登場します。今回紹介した作品の中からお気に入りのファッションを見つけて、日々のスタイルの参考にしてみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。