Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. Lifestyle
  4. >
  5. Bean to Barチ...
Bean to Barチョコレートとは?その製法とおすすめチョコをご紹介

Bean to Barチョコレートとは?その製法とおすすめチョコをご紹介

「Bean to Barチョコレート」をご存知ですか?今、第三のチョコレート製法として注目されており、ヨーロッパや日本などで人気を博している商品です。バレンタインなどの贈り物にもぴったりな、おしゃれなものも多いんですよ。今回は、Bean to Barチョコレートの特徴や製法、おすすめの商品をご紹介します。

2021.01.26 Lifestyle

Bean to Barチョコレートとは?

①全ての製造を1つの工房で行なっている商品

カカオ

Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)チョコレートとは、全ての製法を一つの工房で行なっている商品です。Beanはカカオ豆のことを、Barは板チョコレートを指す言葉。カカオ豆を現地から仕入れて焙煎する所から、板チョコ状に成形するところまでを、たった一箇所でやっているのが特徴なんです。

今までの板チョコレートの製法では、既に出来上がっている板チョコレートを再度溶かし、ブランド独自の味を付けるという流れが基本でした。カカオ豆の仕入れや焙煎、成形などの工程が、別々の工房で行われていたのです。

Bean to Barチョコレートとは?

Bean(カカオ豆)to(から)Bar(板チョコ)まで、1つの工房で製造しているチョコレート商品のこと。

②新鮮な状態のチョコレートが提供できる

新鮮な状態のチョコレートを作ることができるのも、Bean to Barの魅力です。一つの工房で工程を全て行うため、季節や豆の状態に合わせて少しずつ製法を変えることができます。また作ったチョコレートをすぐに供給することができるため、新鮮で深みのある味わいが楽しめます。

通常のチョコレートでは感じられない、フレッシュな状態ならではの香りと風味を体感できちゃいます。手間がかけられている分、段違いの美味しさが実現しているのですね。

③チョコレート界のトレンドになっている

Bean to Barは、今やチョコレート界のトレンドになっています。Bean to Barとは、2000年代初期にアメリカで生まれたチョコレートの製法です。初期はあまり注目されていなかったのですが、製法や美味しさが確立されてくると徐々に人気に。

今や、ヨーロッパや日本でもBean to Barを取り入れるお店が増えてきているのです。まだまだお店の数は少ないものの、これからどんどんメジャーになっていくと予想されています。

④少々値段が高め

Bean to Barは、通常のチョコレートと比べて少々お値段が高め。板チョコレート一つで、1000円ほどかかることも珍しくありません。これは、品質の良いカカオ豆を使用していることが要因。えぐみや渋みの少ない豆を選定しているため、どうしてもお値段が張ってしまうのがネックなところ。

しかしその良質なカカオ豆を仕入れるため、カカオ豆の生産者と直接取引を行うことが多いのだとか。そういった流れから、フェアトレードの取り組みとしても注目されています。とはいえ、農家から直接仕入れているかは店舗によって様々。全てのメーカーがフェアトレードチョコレートという訳ではありません。

また一方で、カカオ豆本来の味を邪魔しないためにと、砂糖にもこだわっているメーカーも多くいます。そのような様々なこだわりから、 Bean to Barチョコレートの完成までには非常に長い期間がかかるそうです。早くても2ヶ月、長いと1年以上、開発にかかることも。美味しい素材と手間の多さが、値段に関係しているのですね。

Bean to Barチョコレートの製法を解説

①カカオの豆を取り出して発酵させる

カカオ豆

まずカカオの実から、チョコレートの材料となる豆を取り出します。実には白いパルプに覆われたカカオ豆が30〜40粒ほど入っていて、これを取り出し、豆を発酵させていきます。発酵させることでパルプを溶かし、チョコレートの原料を生成するのです。

発酵後は豆の水分を飛ばすため、しっかりと乾燥させます。豆を乾燥させると、商品と同じようなチョコレート色に変化。この工程が終わった後はに日本に輸送されます。

②異物を取り除き焙煎する

海外から輸送されてきた豆には、異物が混入していることがあります。そのため、運ばれてきた豆から異物を取り除く作業が欠かせません。また、カカオ豆がきちんと発酵・乾燥しているか、色や香りは良いかなど、状態のチェックもここで行われます。

異物が混入していたり、状態の悪い豆を焙煎してしまうと、チョコレートの品質が大きく落ちてしまいます。そのため、焙煎前にチェック作業を行う必要があるのです。

選定に通った豆は、丁寧に焙煎されます。焙煎を行うことで、チョコレートらしい香ばしい風味になっていきますよ。また焙煎を行うことで、豆の薄皮が剥がれやすい状態になるというメリットも。

③豆を粉砕して風選を行う

チェックが終わったら、豆を粉砕します。カカオ豆の外側には薄皮が付着しているのですが、この薄皮が残っていると、チョコレートの味に渋みが出てしまうのです。そのため豆を粗めに粉砕して、薄皮を剥がしていく必要があります。

豆を砕いた後は、風選という作業を行います。風選とは、薄皮と豆を分ける工程のこと。粉砕したカカオ豆を落としながら、ウィノワーという機械で風を送ります。風選を行うことで、軽い薄皮のみを吹き飛ばし、カカオ豆の中身だけを残すことができるのです。

⑤ペースト状にした豆を練り上げる

溶けたチョコレート

風選が終わったら、豆をペースト状にしていきます。豆の半分以上は、「カカオバター」という脂肪分でできています。そのためカカオ豆をすりつぶすだけで、綺麗なペースト状に。ここで豆を細かくすり潰すほど、滑らかな舌触りになると言われています。

豆をすり潰した後は、コンチングマシーンという機械を使用し、ペーストを練り上げていきます。ペーストを練り上げる過程で、カカオ豆の余分なにおいや水分を除去。チョコレートらしいトロトロとした舌触りも、練り上げの工程で生まれるものです。

⑥テンパリングをして成型する

チョコレートを練りあげた後は、テンパリングと呼ばれる作業を行います。テンパリングとは、チョコレートの調温のこと。温度調整をしながらゆっくりとチョコレートをかき混ぜることで、硬さやツヤを調節。テンパリングをすることで、チョコレートの型離れを防ぐこともできるのですよ。

テンパリングが終わったら、チョコレートを型に流し込んで冷やします。チョコレートが固まったら型から取り出して、綺麗に包装をすれば完成。

東京|日本にあるBean to Barチョコレートの人気店!

①xocol

東京でBean to Barチョコレートを取り扱っているのが、xocolというお店。東京都世田谷区の、閑静な住宅街にあるショップです。人工香料や乳化剤などが一切使われていない、カカオ豆本来の美味しさが楽しめるチョコレートが販売されています。

xocolで人気を集めているのが、「ケツァール」と呼ばれる商品。グラニュー糖とカカオのみで作られており、シンプルながらもコク深い味わいが楽しめます。

xocol 公式HP
xocol 店舗情報
住所 〒158-0081 東京都世田谷区深沢5丁目2−1
営業時間 14−20時
電話番号 03-5706-1307

②green bean to bar chocolate

green bean to bar chocolateも、東京にある人気店の一つ。ベネズエラで採れた、希少性の高いカカオ豆を使用しているのが特徴です。カカオ豆の豊かな風味と、柑橘やプルーンなどの香りが広がりますよ。

Bean To Barチョコレートだけでなく、焼き菓子や生菓子なども取り扱われています。店内には食事スペースもあるため、チョコレートを楽しみながらゆっくりとくつろぐことも可能。

green bean to bar chocolate 公式HP
green bean to bar chocolate 店舗情報
住所 〒153-0042 東京都目黒区青葉台2丁目16−11
営業時間 11−20時
電話番号 03-5728-6420

③DANDELION CHOCOLATE

DANDELION CHOCOLATEとは、東京都台東区・渋谷区の2箇所に位置する人気店。産地にこだわり抜かれた豆を使用しており、カカオの風味を色濃く感じられるのが魅力。

様々な産地の豆で作られたチョコレートが、複数展開されているのも特徴です。豆の産地によって異なる味を楽しめますし、お気に入りの一枚も見つかりますよ。またチョコレートの通販も行なっています。

DANDELION CHOCOLATE 公式HP
DANDELION CHOCOLATE 店舗情報
住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目10−1 GYRE B1F
営業時間 11−19時
電話番号 03-5962-7262

④ミニマル

ミニマルは、東京都渋谷区にあるチョコレート専門店。カカオ豆と砂糖のみで作られており、口に入れるとローストナッツや柑橘、ドライフルーツなどの風味が広がります。カカオ本来の、ザクザクとした食感が楽しめるのも魅力。

板チョコレートだけでなく、チョコレートクッキーやガトーショコラ、チョコレアチーズケーキなども販売されていますよ。バレンタインの贈り物にもピッタリです。

ミニマル 公式HP
ミニマル 店舗情報
住所 〒151-0063 東京都渋谷区富ケ谷2丁目1−9
営業時間 11−19時
電話番号 03-6322-9998

大阪|日本にあるBean to Barチョコレートの人気店!

①Marc de Iguchido

大阪でBean To Barが楽しめると人気なのが、Marc de Iguchido。大阪府池田市の、石橋駅から徒歩分ほどの距離に位置する店舗です。ベトナムやハイチ、マダガスカルなど、様々な産地の商品が取り扱われています。

またBean to Barを使ったホットチョコレートや、ジェラートなどを楽しむこともできますよ。通販サイトも完備されていますので、大阪に住んでいない方にもおすすめ。是非、Marc de Iguchidoのチョコレートを体感してみてください。

Marc de Iguchido 公式HP
Marc de Iguchido 店舗情報
住所 〒563-0023 大阪府池田市井口堂3丁目2−3
営業時間 11−23時
電話番号 090-6249-4135

②なかたに亭

なかたに亭は、大阪府上本町に位置するチョコレート店。チャウドゥックやコロンビア、ベトナムなど、様々な産地のカカオ豆を使用しています。素材本来の味を生かした、板チョコレートが楽しめますよ。

タルトやブラウニーなど、焼き菓子も販売中。通販なども取り行われていますので、遠方の方でもなかたに亭のチョコレートを楽しむことができます。バレンタインなどの贈り物には、なかたに亭のチョコレートを選んでみてはいかがでしょうか。

なかたに亭 公式HP
なかたに亭 店舗情報
住所 〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目6−27 中川ビル 1F
営業時間 10−19時
電話番号 06-6773-5240

③Cacaotier Gokan

Cacaotier Gokanも、大阪の人気チョコレート専門店。店内には工房が設置されており、作りたてのBean To Barチョコレートを楽しむことができます。

Bean To Barチョコレートのタブレットは、ベトナム、ガーナ、コロンビアなどの5種類。他にも、カカオサンドやシャポー、チョコレート・マドレーヌなども販売されています。

Cacaotier Gokan 公式HP
Cacaotier Gokan 店舗情報
住所 〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋2丁目6−9
営業時間 10−19時
電話番号 06-6227-8131

通販で買えるBean to Barチョコレート

①DANDELION CHOCOLATE

DANDELION CHOCOLATEの"マヤマウンテン・ベリーズ"は、チョコレートの世界大会で銀賞を受賞した経歴が。そんな人気商品を、通販で手に入れることが出来ます。

フルーツのような酸味と甘みのある、濃厚な味わい。砂糖にもこだわられており、厳選地域のオーガニックシュガーのみが採用されているのも特徴です。ギフトラッピングも行われていますので、バレンタインなどの贈り物にも最適ですよ。

DANDELION CHOCOLATE / マヤマウンテン・ベリーズ

②foo CHOCOLATERS

様々なフレーバーのチョコレートが楽しみたいのなら、foo CHOCOLATERSがおすすめ。PAN・CHA・NEUの3種類のフレーバーが取り扱われています。PAは、カシューナッツミルクを使用したミルクチョコレート。カカオ豆本来の味わいはそのままに、優しい風味が実現しています。

foo CHOCOLATERSは、そのコンセプトも特徴的。全ての商品が乳製品や卵などの動物性の材料を使用しないヴィーガンチョコレートで、「食」に対する多様性を示しています。「多種多様な人々が分かち合う瞬間」をコンセプトに、今までにないチョコレートやその作り方、アプローチの仕方を魅せてくれています。

foo CHOCOLATERS 通販サイト

③CRAFT CHOCOLATE WORKS

通販で購入できるBean To Barとして、CRAFT CHOCOLATE BARSというショップも人気です。特にこの"ボリビア"という商品は、チョコレートとは思えないような、ジューシーな果実感が特徴の一つ。

口に入れて噛んだ途端、フルーツジュースのような甘酸っぱい風味が広がります。味が非常に濃いため、お酒と合わせて食べるのもGOOD。大人にも子供にも喜ばれる一品です。バレンタインなどの贈り物には、是非ボリビアをチョイスしてみて。

CRAFT CHOCOLATE WORKS / ボリビア

Bean to Barチョコレートの魅力を探ってみては

チョコ

Bean to Barチョコレートには、普通の製法で作られた商品にはない魅力が詰まっています。今回紹介した東京・大阪のお店や、通販で販売されている商品を是非手にとって見て、通常のチョコレート商品にはない、Bean to Barチョコレートならではの魅力を味わってみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。