1. Home
  2. >
  3. Sexual Wellness
  4. >
  5. そろそろちゃんと知りたい...
そろそろちゃんと知りたいハイジニーナ。ツルスベになれる処理方法をおさらい

そろそろちゃんと知りたいハイジニーナ。ツルスベになれる処理方法をおさらい

アンダーヘアをなくすハイジニーナは日本でもそろそろ一般的に。この記事では、アンダーヘアを上手に整え、綺麗なVラインにするやり方をご紹介します。難しいアンダーヘアのお手入れの方法を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

2020.12.25 Sexual Wellness

綺麗なアンダーヘア処理のやり方【毛抜き編】

ショーツに手を添える女性

ピンセットで抜くだけ

ピンセットで抜くだけで、簡単にVラインを揃えるが可能です。毛抜きのピンセットひとつあればすぐに取りかかることができるので、簡単にセルフで毛抜きをしたいあなたにぴったりです。家にある普通の毛抜きなら、特別なものでなくてものVラインのお手入れに使うことができますよ。使いやすい形状のものを選びましょう。

まずは、輪郭部分の毛から毛抜きで抜くようにすると、綺麗に仕上がります。細かい部分や目視で確認ができない部分は、手鏡を使って毛抜きで抜くようにすれば、問題ないでしょう。毛の根元をつまんで、一気に引き抜くようにするのが、綺麗に仕上げるコツです。

毛抜きのメリット・デメリット

毛抜きを使う方法は簡単ですが、一本一本地道に抜いていくことになるため、かなり時間を要するでしょう。また労力も並大抵のものではありません。1日では綺麗に処理し切ることができず、二、三日の時間が必要になることもあります。

ただ、根元から丁寧に抜いていけば、とても綺麗に仕上げることができます。セルフで処理したとは思えないほどの綺麗なVラインにすることも夢ではありません。

気になる毛は全て毛抜きで抜くことができるので、細かいところが気になる女性にもぴったりです。剃るとすぐに生えてきてしまう毛も、毛抜きを使えば長く綺麗な状態に仕上げることができるのも、嬉しいポイントです。

綺麗なアンダーヘア処理のやり方【ブラジリアンワックス編】

ショーツに手を添える女性

塗布して固めて、一気に剥がすだけ

ブラジリアンワックスとは、パイパンにする女性が一度は考える、メジャーな方法といえるでしょう。実態を知らなくても、単語自体は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。サロンで試すものというイメージの強いブラジリアンワックスですが、実はセルフでも扱うことができるのです。

専用のワックスを肌に塗布して固め、一気に剥がすことによって、ムダ毛を脱毛するというのがブラジリアンワックスの仕組みです。機械による脱毛が難しい人でも、ブラジリアンワックスなら処理することができます。VIOの脱毛にも向いていることから、脱毛を試みる女性の中でも高い割合の人が、実践しています。

市販で、ブラジリアンワックスのキットが売られているので、それを活用すれば、自宅でも簡単にパイパンにすることができますよ。キットには必要なものが全て含まれていますから、初めてセルフで処理するという人でも安心です。世界中で、パイパンにしている女性の多くの割合を占めるお手入れ方法です。

ブラジリアンワックスのメリットとデメリット

ブラジリアンワックスによる脱毛処理のメリットは、やはり肌に負担がかからないことではないでしょうか。多くの場合、Vラインの処理には、ダメージが伴います。しかし、ブラジリアンワックスは肌に負担をかけない方法であるため、デリケートな肌の女性でも安心です。

また、機械による脱毛より価格が安いので、金銭的に余裕がなくても実現可能な、本格的セルフ処理の方法と言えます。ただし、Iライン周りのデリケートなゾーンのヘアをすべてなくすことは難しく、セルフではほとんど不可能と思ってよいでしょう。従って、Iラインまでしっかりと脱毛したいという人には向いていないと言えます。

綺麗なアンダーヘア処理のやり方【カミソリ編】

カミソリを手にする女性

①ハサミで適度に切る

カミソリを使って処理する場合は、まずハサミで適度な長さに切りそろえることからスタートさせなければいけません。いきなりカミソリで全ての毛を剃ってしまうと、仕上がりが汚くなってしまったり、十分に剃ることができなくなるので、焦らずハサミを使ってカットすることから始めましょう。

ただし、あまり根元ギリギリまで切り過ぎてしまうと、怪我をする恐れがあるので、ある程度の長さで止めておいて構いません。剃るときに邪魔になりそうな毛は、全てこの段階で綺麗に処理しておくとよいでしょう。

②クリームを塗布して剃る

ハサミを使ってある段階まで全体の毛を短くすることができたら、あとはクリームを塗布して剃るだけです。シェービングクリームなど、脱毛をするときに使うものを選ぶと安心です。肌に優しいものを選んで、なるべく負担がないように心がけましょう。

カミソリは、眉毛や産毛を剃る際に使うようなものではなく、T字型のものを選ぶのがポイントです。ムダ毛処理用のものが市販で用意されているので、使いやすそうなものを選んでください。毛の流れに逆らうようにして剃ると、ムダ毛を根本から綺麗に処理できるのでオススメですよ。

アンダーヘアを処理している女性の多くが、カミソリを使った脱毛を試みています。Iラインなどデリケートな部分は、最新の注意を払いながら、シェービングクリームの量を増やして、ゆっくり細かく剃るようにするのがコツです。剃り終わったら、保湿クリームによるケアを忘れないようにしましょう。

カミソリのメリットとデメリット

カミソリを使った処理のメリットは、何よりもまず手軽であることです。カミソリなら家に常備している人が多いでしょうし、特別な道具が必要なわけではないので、今すぐにでも取りかかれます。また、お金がほとんどかからない方法なので、なるべく安くアンダーラインのケアをしたいという人にもおすすめです。

デメリットとしては、やはり汚い剃り残しができてしまうことでしょう。セルフでカミソリを使った処理では、どうしても剃り残しが出てきたり、ムラが出てしまいます。また、もし綺麗に剃ることができても、ケアやお手入れを怠ると荒れてしまうことがあるでしょう。肌へのダメージも深刻です。

さらに、一度処理してもまたすぐに生えてきてしまうのも、カミソリを使った方法のデメリットです。一時的なVラインケアなら良いですが、そうでないならあまり推奨できるものではありません。

綺麗なアンダーヘア処理のやり方【脱毛クリーム編】

ショーツをめくる女性

市販の脱毛クリームの説明書に沿って使うだけ

ドラッグストアなど、全国の比較的どんな店舗にも売られている脱毛クリームを使えば、簡単で綺麗にアンダーヘアを処理することができます。セルフの脱毛ケアを目的に作られたものであるため、初めてチャレンジするという人でも安心です。

全ての商品には説明書きがされているので、それに沿って使えば、セルフでも簡単にお手入れができますよ。デリケートゾーン用など、部位別に分かれて販売されていることが多いですから、その点にも注意して商品を選ぶようにしてくださいね。

脱毛クリームのメリットとデメリット

脱毛クリームを使ったアンダーヘア処理は、やはり綺麗に仕上げられるというのが最大のメリットでしょう。パッと見たときの外見が美しい仕上がりにしたいという女性の願いは、ほとんど確実に叶えることができます。ただ、その反面、やはり脱毛クリームは薬剤であるため、成分が強く、デリケートな部分に使うことはできません。

デリケートなIライン部分に塗布してはならないので、細かいところのケアが気になる女性には向いていないでしょう。しかし、脱毛クリームを使ったセルフケアをする女性の割合は年々増えてきているので、Iラインにしたいと思ったら、まずは試してみてほしい方法です。一度脱毛すれば、しばらくは生えてきませんよ。

綺麗なアンダーヘア処理のやり方【サロン編】

サロンで脱毛してもらっている女性

サロンスタッフにお任せするだけ

脱毛サロンに行けば、機械を使って本格的に脱毛してもらうことができます。綺麗なデリケートゾーンにしたいあなたは、サロンに行くことをおすすめします。ここで使う機械は、家庭では扱えないもので、さらにセルフではできないお手入れ方法なので、興味があるならサロンに訪れて、スタッフに処理を託すことになります。

光脱毛なら、資格を持っていないスタッフでも機械を取り扱うことができるので、安価でお手入れを完成させることも可能ですよ。近年、VIO脱毛をする女性の割合はどんどん増えていますから、あなたの家の近くのサロンでも、受け付けてくれることがほとんどでしょう。

毛根の色素を破壊するので、黒ずみや色素沈着も起こらず、お手入れも簡単です。不器用で、セルフでアンダーヘア処理をする方法を試すのが怖いというあなたは、ぜひ通ってみてください。初回キャンペーンなどで、VIOの脱毛がかなり安くなる場合もあります。色々なサロンを比較してみてくださいね。

サロンのメリットとデメリット

脱毛サロンを利用するメリットとしては、やはり綺麗で確実に理想のスタイルに仕上げることができるという点でしょう。また、手触りも良く仕上がるので、ストレスフリーです。セルフによるお手入れだと、高い割合で、生えかけの時にチクチクしたり、痒みが生じたりします。

しかし、脱毛サロンなら、そのようなトラブルに見舞われる割合も、かなり低くなると言えるでしょう。通い続けるうちに、どんどん新しく生える毛も薄くなっていくため、自己処理はほとんどしなくても構いません。

ただ、デメリットもあります。それは、費用面と時間面の問題です。セルフでのお手入れに比べ、どうしても高くついてしまいますし、人気のサロンは高い割合で希望の日時に通えないでしょう。まさに一長一短の方法なのです。それでも、セルフよりは、その仕上がりに満足できるでしょう。

綺麗なハイジニーナにする方法を習得しよう!

セルフでも綺麗なデリケートゾーンにすることは可能です。この記事で紹介したものは、どれも確実性が高く、簡単にできるものばかりなので、ハイジニーナにしようか悩んでいるというあなたは、ぜひ試してみてくださいね。また、脱毛後のお手入れやケアも怠らないようにして、綺麗な状態を長く保てるようにすることも忘れないでください。

もし金銭的余裕があるならば、サロンに行くというのも一つの選択肢です。蒸れずに病気の感染リスクも減らせるハイジニーナにする女性の割合は、年々増えてきています。あなたのニーズにあった方法で、ぜひ理想のスタイルを楽しんでみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。