1. Home
  2. >
  3. Sexual Wellness
  4. >
  5. みんなのSEXの頻度、ど...
みんなのSEXの頻度、どれくらい?カップルや夫婦の実情に迫る!

みんなのSEXの頻度、どれくらい?カップルや夫婦の実情に迫る!

世の中のカップルや夫婦のSEX頻度はどのくらいなのでしょうか。この記事では、気になるカップルのSEX頻度について、その実情に迫ります。頻度が少なすぎるのではないかと悩む人や、平均と比べてどのくらいなのか気になるあなたはぜひチェックしてください。

2020.09.09 Sexual Wellness

非同棲カップルのSEXの平均頻度は?

①非同棲の学生カップルの場合

ベッドで横たわる男女

まだ同棲していないカップルの場合、性生活の頻度は低く、一ヶ月に三回程度です。お互いに実家暮らしであったりする場合は特に、性行為の回数は減ってしまうでしょう。特に、学生の場合はお金がないことから、ホテルに宿泊することもそう頻繁に行えるわけではないため、どうしても性行為の頻度が低くなる傾向にあります。

デートのたびに性行為ができるわけではないことから、デートの回数と性行為の回数が必ずしも比例するわけではありません。カップルによってばらつきがあるものの、一ヶ月に一回かそれ未満という恋人も、決して珍しくはないようです。

いずれにせよ、性行為の回数によって愛情が決まるわけではないので、彼氏彼女との性行為の回数が平均と離れているからといって、心配しすぎなくても良いでしょう。環境要因を考えると、同棲をしていないカップルの性行為の頻度が下がってしまうのは、仕方のないことなのです。

②非同棲の社会人カップルの場合

ベッドで横たわる男女

社会人カップルで同棲していない場合、実家暮らしだと学生同様、性行為の頻度が低くなる傾向にあります。具体的には、一ヶ月に4~5回程度です。なぜ学生カップルと比べて平均回数が増えているのかというと、そのお財布事情と深く関わりがあります。

学生カップルの場合は、前述したように自由に使えるお金が少ないため、どうしても性行為をするための場所を確保することが難しくなります。

しかし社会人カップルの場合は、自由に使えるお金がある程度増えるので、気軽にラブホテルなどの場所を確保することができます。さらに、社会に出ると、親からの制約が緩くなることから、恋人との宿泊も気兼ねなく行えるようになるというのも、一つの要因です。

同棲カップルのSEXの平均頻度は?

①同棲している学生カップルの場合

ベッドでキスをする男女

学生カップルの場合、同棲しているなら、そうでないカップルに比べて、かなりHの頻度が高くなります。具体的には、同棲していないカップルが一ヶ月に3回程度なのに対し、彼氏彼女で同棲しているカップルはその倍の6回程度まで頻度が上がります。

ただしこれは平均した回数であるため、これより多い場合もあれば、反対に少ない場合もあるでしょう。あまり平均の回数にとらわれすぎないことが、彼氏彼女との関係をうまく保っていく上で大切なことです。特に同棲している場合は、性行為の頻度がお互いの感情に大きく関係するので、お互いの妥協点を探っていきましょう。

②同棲している社会人カップルの場合

ベッドで抱き合う男女

社会人の彼氏彼女で同棲している場合、Hの頻度は同棲中の学生カップルよりも少なくなる傾向にあります。このことは、学生カップルの方が、平均して年齢が低く、さらに自由に使える時間が多いことに関係しています。

同棲していない恋人同士の場合、学生より社会人の方が頻度が高かったことを考えると、これは興味深い結果ではないでしょうか。とはいえ、同棲している社会人の恋人同士の性生活の頻度が低いかというと、そうでもありません。平均して一ヶ月に5回程と、同棲していない社会人カップルとほとんど変わらないことがわかります。

20代夫婦のSEXの平均頻度は?

①20代夫婦で子供がいない場合

裸で絡み合う男女

20代かつ子供を持たない夫婦の場合、性生活の頻度は比較的高くなるようです。平均して、一ヶ月に6~7回程度と、恋人同士よりも高い値が出ています。その理由として、20代の夫婦の場合、出産について現実的に考える機会が多くなることが挙げられます。

婚姻関係を結んだ男女の場合、子供を出産して育てる準備は整っていることが多いため、恋人同士のコミュニケーションとしてのSEXから、子作りのためのSEXに移行することも少なくありません。そのため、恋人同士であった頃より、平均して性生活の頻度が高くなるのです。

②20代夫婦で子供がいる場合

ベッドで抱き合う男女

子供を持つ夫婦の場合、20代であっても性生活の頻度は下がるでしょう。育児をしなくてはならないのに加え、夫婦二人だけの時間を取ることが難しくなってしまうからです。それでも、二人目以降を考えている場合や、スキンシップの一環としてのSEXは続ける夫婦が大半なので、一ヶ月に3~4回程度が平均のようです。

とはいえ、産後しばらくは特に、負担になることから性行為を避けることになるでしょう。さらに、育児という負担が生活に加わると、なかなか思うように性行為の頻度を取り戻すことはできません。お互いに相手の体を気遣いながら、負担にならない程度に仲を深めていきたいものですね。

30代夫婦のSEXの平均頻度は?

①30代夫婦で子供がいない場合

裸で絡み合う男女

子供のいない30代夫婦の場合、SEXの頻度は一ヶ月に4回程度と、20代よりは下がるものの、それほど少なすぎるわけでもありません。ただ、お互いに仕事が軌道にのる頃合いのため、夫婦生活の時間をあまり長くとることができないのも事実です。

さらに、20代の頃に比べて体力が衰えてしまう傾向にあるため、性生活の頻度も自ずと減ってしまいます。もし夫婦間のコミュニケーションが減ってしまったように感じていても、それは世の中の夫婦全般が抱える悩みなので、それほど気負いせずに体力や時間と相談しながら、二人のベストな頻度を定めていくのが良いでしょう。

②30代夫婦で子供がいる場合

裸で抱き合う男女

子供を持つ30代夫婦の場合、よりセックスの頻度が低くなってしまう傾向にあります。理由としては、体力の減少と時間の兼ね合いが挙げられます。「セックスレス」という言葉が流行したこともあるように、この問題は30代夫婦にとって、大きなトラブルの原因となることがあります。

もし性行為の頻度に不満があるようなら、今すぐにパートナーと相談した方が良いでしょう。ただ、人によって性的欲求の度合いと体力、時間の配分は異なります。ある程度妥協することも視野に入れつつ、相手のことを思いやって話し合いを進めるべきと言えるでしょう。

夫婦によっては、この問題が別れ話に直結してしまうこともあるので、慎重になることが大切です。特に子供がいる場合は、性生活について向き合うのはなかなか難しいことでもありますが、仲の良い家族関係を続けていくためにも、真面目に向き合うことが必要となるでしょう。

SEXの平均頻度を知って恋人・パートナーと向き合おう

カップルの性生活の実情は、二人によって様々です。しかし、その傾向というものはうっすらあります。この記事を読んだあなたは、世の中の他のカップルや夫婦がどのくらいの頻度で性生活に及んでいるのか、おおよそ目安がついたのではないでしょうか。このデータをもとに、恋人との関係を見直すきっかけとしてください。

彼氏や夫とのSEXの頻度を見直していきたい女性の方は、以下の記事もチェックしてみてください。セックステクニック一つで彼から求められる頻度が高くなるかもしれないので、ぜひ試してみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。